リスクのない過払い金請求をご提供します!

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)
運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所

受付時間:平日9時~20時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で過払い金の調査
無料相談の実績は1万名以上
過払い金の無料相談はこちらから
0120-631-625

ビューカードの過払い金(2022年)

JR東日本からも過払い金が発生!
アコムの過払い金を説明する司法書士

1993年(平成5年)に、JR東日本のカード事業部が発行したクレジットカードが、ビューカードの始まりです。

初めてビューカードが発行された、1993年からの利用が一番古いケースとなりますが、その後、2006年(平成18年)6月30日までは28.20%という金利でした。

そのため、この時期までにキャッシング利用があれば、確実に過払い金は発生しています。

1993年~2006年で最長で13年ほど、限度額がそれほど大きくないため、他の会社のクレジットカードと比べると、過払い金は少額になることが特徴です。

それでも、頻繁に利用されていた場合には、30万円~50万円ほどの過払い金が発生することも、目にすることがあります。

ビューカードの過払い金の返還基準

ビューカードの過払い金の返還基準をご説明します。

ビューカードでの過払い金発生の金利は、最長でも1993年から2006年の13年間しかないため、多くの過払い金が発生するという会社ではありません。

当センターでの過払い金の最大発生金額で60万円ほど。
一般的には30万円前後が多いところです。

しかし、過払い金対象者が多くいないからこそ、過払い金の対応は非常に良い会社です。

裁判を行う必要はなく、現在のところ交渉を行って利息も含んだ全額の返還を行ってくれます。

ビューカードから過払い金が戻ってくる目安

  スピード返還を重視 返還金額を重視
過払い金が戻ってくる割合 100%+利息
 
100%+利息
 

過払い金が戻ってくるまでの期間

1ヶ月

1ヶ月

ビューカードに過払い金請求する場合の注意点

ビューカードの過払い金請求の注意点は、キャッシングを完済していても、お買物の支払いが残っていないかという点です。

買物の支払いが残っていると、その支払いと過払い金が相殺されてしまいます。

その結果、買物の支払いのほうが多い場合には、ブラックリストになる可能性があるため、買物利用分は完済してから過払い金を請求した方が良いでしょう。

例えば、キャッシング分の過払い金が40万円あるものの、ショッピング残が50万円ある場合、過払い金とお買物の残を相殺しても10万円支払いが残るかたちとなります。

このようなケースでは、ブラックリストになる危険性があるということです。

※ショッピングはそのまま支払いを続けて、キャッシングの過払い金だけ請求するということは、過払い金請求の仕組み上行うことができません。

ビューカードに過払い金請求を行った事例

過払い金の解決内容

・過払い金の発生額: 47万9510円

・過払い金返還提示額:60万円(発生額の100%+利息)

・示談による和解金額:60万円

過払い金請求に至った経緯

Kさんは、20代後半頃にビューカードを作ったそうです。

キャッシングで50万円ほどの限度額で借りて返してを繰り返していたそうですが、最後はアコムで「プロミスとニコスとビューカードの支払いをまとめないか」と提案を受け、ビューカードは完済したそうです。

しかし、おまとめしたアコムの支払いがきつく、返済の目処が見えないということでした。

過払い金請求を行った結果は?

「完済した3社に過払い金を請求してアコムの支払いに充てましょう。こうすれば、ブラックリストになることなくアコムの支払いを減らせますよ」
と、アドバイスし、ビューカードの過払い金請求を開始しました。

ビューカード60万円・プロミス90万円・ニコス70万円の、計220万円の過払い金が戻ってくることになりました。

150万円あったアコムの支払いを0にすることができ、当センターの費用も過払い金で全て調整することができました。

ビューカード以外の会社の過払い金は?

ビューカードでは、平成18年までにキャッシングの利用をしていないと、過払い金の対象者とならないのは前述のとおりです。

しかし、ビューカード以外の大手のクレジット会社では、平成19年頃までは過払い金の対象金利であったところも多いのが現状です。

そのため、ビューカードで過払い金が発生していなかったとしても、他のクレジットカード会社では過払い金が発生するということもあります。

他に利用されていた(利用されている)クレジットカード会社があれば、その過払い金の内容も確認してみましょう。

最終更新日:2022年1月22日

本サイトの執筆者

司法書士・行政書士
山口 広樹

横浜市出身。司法書士・行政書士15年目。かながわ総合法務事務所の代表。過払い金や債務整理を専門分野とし、5000名以上の事案を解決。

・司法書士(神奈川県会2376号)
司法書士会の会員ページへ

・行政書士(神奈川県会4407号)
行政書士会の会員検索ページへ

お問合せはこちらから

タップすると電話がかけられます

0120-631-625

(平日)9時〜20時 (土曜)10時~16時

  • お電話ですぐに対応可能
  • 過払い金の診断・調査は無料
  • 電話・メール共に問合せ無料
  • 全国対応!お気軽にどうぞ!
  • ご家族に秘密の方もお任せを!

過払い金を確かめよう!

過払い金の3分診断
過払い金の無料診断

「過払い金ある?ない?」
「いくら過払い金がある?」
をその場ですぐに診断します!

0120-631-625

運営事務所概要

  • 司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27
    東武立野ビル1F
    (横浜駅より徒歩8分)
  • TEL:045-328-1280

サイドメニュー