「過払い金の請求…まだ行っていませんか?」過払い金無料相談センターにお任せ下さい!

過払い金の相談・計算・調査全て無料。リスクのない過払い金請求を提案!

過払い金無料相談センター《東京・横浜》

【横浜相談センター】
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)

【東京相談センター】
東京都渋谷区神南1-15-3 神南プラザビル504号
(渋谷駅ハチ公口より徒歩8分。宇田川町信号の前)

受付時間:平日9時~21時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で無料相談!

無料相談実績1万名以上

過払い金の無料相談はこちらから

0120-631-625

過払い金の無料診断

過払い金を計算する方法とは…?
ー過去の利用明細を計算すると過払い金が分かる!

過払い金の計算について説明する司法書士

過払い金の請求をするためには、まずは過払い金の計算をして「いくら過払い金が発生しているか」を確かめなければなりません。

「過払い金の計算ってどうやるの…?」

という方のために、過払い金の計算の仕方を説明していきます。

原理としては、利息制限法に基づき、
・10万円未満の場合には20%を超える金利が違反
・10万円~100万円では18%を超える金利が違反
・100万円以上では15%を超える金利が違反
となるため、この違反分の利息でどのくらい多くのお金を支払ってしまったかを計算します。

過払い金の計算は、一般的に「引き直し計算」と呼ばれ、カード会社から取り寄せた利用明細(取引履歴)と、パソコンのエクセルがあれば計算は可能です。

なぜ「過払い金」が生まれたのか?

その昔、出資法という法律があり、そこで認められていた金利は「29.2%以下の金利であればOK。29.2%以上は刑事罰の対象」というものでした。そのため、利息制限法自体は昔から存在していたものの、刑事罰にならない29.2%以下の高金利で貸し付けをしているカード会社が圧倒的多数でした。

しかし、平成18年1月13日の最高裁判所判例により、「利息制限法を超える利息の支払いは全て元本に充当されるものである(出資法は違法)」という判断がなされました。

これによって、利息制限法を超えて支払っていた利息(利息制限法と出資法の間の利息。グレーゾーン金利)は返済毎に毎回元本に充当されていたわけであるから、支払いはもっと早く終わっていたわけです。

しかし、カード会社側から請求される限り、借り手は借金はまだ残っていると勘違いして支払いを続けます。最終的には、もはや借金が存在しないのに毎月返済を行っている状態になるわけです。この支払いが終わっているのに、なお払わせたお金は違反であり、借り手に返してあげなさいということになりました。

これが「過払い金」です。

過払い金の計算

利息が少ない金額だと元金が減るスピードが上がります。
その結果、「本当はもっと早く支払いが終わっていた」ということになります。

例えば、29.2%の金利で50万円を借りた場合には、50万円×0.292=1年間で14万6000円の金利がつきます。これを18%でカウントすると、50万円×0.18=9万円です。
この差額である14万6000円-9万円=5万6000円がたった1年でも発生する過払い金の正体です。

過払い金を自分で計算する場合

取引履歴の一例

取引履歴をカード会社から取得することが過払い金を請求する最初のスタートです。

過払い金を自分で計算する場合には、まずは借りていた(借りている)カード会社から「取引履歴(利用明細)」を取り寄せましょう。

「そんなの簡単に出してくれるのですか…?」

「自分が言っても出してもらえますか…?」

ご相談者からこのような質問があることもありますが、顧客(あなた)が自分の利用明細を出してもらうことは、スーパーに行ってレシートを出してもらうのと同じことです。普通に出してくれるものなので安心して下さい。

また、「貸金業者は債務者の取引履歴開示請求に応じる義務がある」と最高裁判所でも判示されていますので、断りたくても断れないということもあります。

取引履歴は郵送又は店舗で受け取ることができます(カード会社によります)。

取引履歴が到着したら、「引き直し計算シート」に明細を打込み、計算を行っていくことで過払い金の計算ができます。(引き直し計算シートのダウンロードはこちらから

過払い金の引き直し計算の仕方

  1. 借り入れや返済を行った日付を古い順に入力。
  2. 「借入金額」には借りた金額を、「弁済額」には支払った金額を入力。
  3. 利率は、支払い残の金額に応じて、10万円未満の場合には20%、100万円未満の場合には18%、100万円以上の場合には15%にする。
  4. 取り寄せた明細分1~3の事項を入力していけばそれで完成です。

依頼すれば専門家が過払い金を計算してくれる

専門家が過払い金を計算

「忙しい」「難しい」「家族に秘密」
「自分でやるのはめんどうくさい」という方は始めから専門家に依頼しましょう。

「過払い金の計算なんて自分にはできない…」

「家族に秘密だから自分でやるのは難しい…」

「専門家に全て任せて進めたい」

こんな要望の場合には、当センターで過払い金の明細の取寄せ・計算、過払い金の返還請求まで行っていきますので、自分で計算する必要はありません。

また、過払い金の計算を自分で行ったとしても、契約内容の確認や法律上の争点があった場合(分断・貸付停止措置・私的和解・遅延損害金の計算)には、自分で対処するのは難しいとは思うので、そうした点に不安を感じる場合も専門家に依頼をしてしまったほうがよいでしょう。

当センターは「過払い金の無料計算」を行っています。
過払い金の利用明細の取り寄せから、過払い金の計算まで全てこちらで行っていくサービスです。仮に過払い金が発生していなかった場合には、費用は一切かかりませんのでご安心下さい。

その他の過払い金についてのページ

過払い金請求ができる期限はいつまで…?

過払い金の請求期限

過払い金は完済してから10年が請求期限と決まっています。詳しくはこちらから。

過払い金請求のリスクやデメリットは…?

過払い金請求のリスクやデメリット

過払い金を請求した場合のリスクやデメリットを知りたい方はこちらからご覧下さい。

過払い金請求を依頼した場合の費用は…?

過払い金請求を依頼した場合の費用

当センターで過払い金請求を行った場合の費用についてご案内致します。

過払い金の無料相談はこちらから

過払い金の相談を受ける司法書士

お電話でのお問合せはフリーダイヤルから

0120-631-625

[平日]受付時間:9:00~21:00
[土曜]受付時間:10:00~16:00
[定休日]日曜・祝祭日

ご相談は無料です。まずはお気軽にお問合せ下さい

面談相談をご希望の方はご予約頂き、下記までご来社下さい

★横浜相談センター(橫浜駅より徒歩8分)
 →アクセスマップはこちら

★東京相談センター(渋谷駅より徒歩8分)
 →アクセスマップはこちら

過払い金を確かめよう!!

過払い金の3分診断

過払い金の3分診断
〝過払い金のある?なし?〟
〝どれぐらい過払金がある?〟
をその場ですぐに診断します!

無料相談フリーダイヤル

0120-631-625

横浜店へのアクセス

東京店へのアクセス

サイドメニュー

運営事務所概要

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27東武立野ビル1F
    TEL:045-328-1280
  • 渋谷区神南1-15-3
    神南プラザビル504号
    TEL:03-6455-3042

横浜店:045-328-1280
東京店:03-6455-2925