リスクのない過払い金請求をご提供します!

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)
運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所

受付時間:平日9時~21時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で過払い金の調査
無料相談の実績は1万名以上
過払い金の無料相談はこちらから
0120-631-625

ブラックリストを避ける過払い金請求の方法!

「過払い金請求してもクレジットカードとはこのまま利用できますか?」

「ブラックリストにならずに(信用情報に傷が付かずに)過払い金請求できますか?」

過払い金請求を検討されているご相談者共通の不安が「ブラックリストにならないか」です。

ブラックリストとは、お金の貸し借りに関する信用が記載されたリスト(信用情報)にマイナスの内容が表示され、クレジットカードを使うことや住宅ローンや車のローンなどを組むことができなくなってしまうことを言います。

過払い金を請求したらブラックリストになるというのは間違った情報です。

正確には債務整理に該当する過払い金の請求がブラックリストになるのです。

少なくとも、支払いが既に終わっている完済の方の場合には、100%ブラックリストにはならないのでご安心下さい。

ここでは、ブラックリストにならずに過払い金を請求する方法をいくつかご紹介します。

ブラックリストの意味と過払い金との関係

ブラックリスト

「ブラックリスト」というと、なにか悪い黒いリストに登録されるのを想像されると思いますが、こうしたリスト自体が存在するわけではありません。

ブラックリストとは、「信用情報に事故情報登録がされた」ことを指します。

例えば、あなたがクレジットカードを作ったり、車のローンを組んだり、銀行から融資を受けた場合には、その情報が信用情報に登録されます。

こうして登録された信用情報の借入れに対して、債務整理を行ったり、3か月以上カードの返済が遅れた場合には「事故登録」といったマイナスの登録がなされます。

銀行やクレジット会社が「お金を貸す」「クレジットカードを発行する」際には、この信用情報を参考にします。

そして、事故登録があると審査に落ちてしまいます。

つまり、ブラックリストになると、クレジットカードを利用できなくなったり、銀行からお金を借りることができなくなってしまうわけです。

過払い金請求を行った場合にもブラックリストになるのか、また、ブラックリストにならずに過払い金請求を進めることができる?ということが今回のテーマというわけです。

返済中で過払い金請求を行うとブラックリストになる場合がある

ブラックリストになる場合は、「債務整理に該当する場合」と言われています。

返済中に過払い金請求を行う場合には、今残っている支払い残があります。
この支払い残を過払い金で整理することも一種の債務整理に該当するため、ブラックリストになる可能性があるというわけです。

つまり、「現在もカード返済中の人」は、ブラックリストにならずに過払い金請求をする方法を確認したほうがよいというわけです。

既に支払いが終わっている場合には、債務整理に該当することはないため、ブラックリストを気にすることなく過払い金請求を進められます。

事例で確認!返済中の人がブラックリストになる場合・ならない場合

例えば、あなたが古くから利用しているA社に過払い金請求をするとします。

そして、50万円の過払い金があったとしましょう。
あなたの支払残高が40万円だったとすると、ここから過払い金と相殺するわけです。
この場合、+10万円(50万円-40万円)と過払い金のほうが多くなるので、この場合はブラックリストになっても一時的なものですみます。

10万円の過払い金が戻ってくる数か月の間は、ブラックリストの影響がある場合もありますが、正規の5年~7年のブラックリストにはなりません。

問題なのはここで借金が残ってしまった場合です。
例えば、あなたの借金残高が60万円あったとすると、50万円の過払い金では借金額に足りません。-10万円(50万円-60万円)と借金額のほうが多くなってしまうと、ブラックリスト確定というわけです。

ブラックリストになると、クレジットカードの利用やローンを組むことなどが制限されてしまいます。これが5年~7年ほどの期間続くことになるというわけです。

既にブラックリストの人は気にする必要がない

既にブラックリストになっている場合には、こうしたことを考える必要はありません。

例えば、過去に3ヶ月以上の滞納をしていた場合、あなたは既にブラックリスト状態になっている可能性があります。

その場合、過払い金請求でブラックリスト状態になるということは気にする必要がないことになります。

ブラックリストにならずに過払い金請求する方法とは?

ブラックリストにならずに、過払い金を請求する方法を確認してみましょう。

ブラックリストにならないためには、「完済してから」過払い金を請求すれば100%安全です。これが一つ目の方法です。

2つ目は、あらかじめ過払い金の計算を行った上で、「過払い金>支払い残」の場合には過払い金を請求する方法です。一時的なブラック状態はあるかもしれませんが、数年間続く正規のブラックリストにはなりません。

そして、3つ目、4つ目は他社のおまとめローンやカードからお金を借りる方法です。
これにより、過払い金の対象カードを完済させれば、一つ目の方法と同じ形で完済の過払い金請求を行うことができるので、ブラックリストにはならないというわけです。

以下、詳しく確認していきましょう。

完済してから過払い金を請求する!

完済してから過払い金を請求

支払いを全て終わってから過払い金をすれば、ブラックリストにはなりません。この支払いとは、キャッシングだけではなくお買い物分の支払いがある方は、お買い物分も含みます。

支払いが残っている状態だと、過払い金を請求するために現在の支払いをいったん停止させます。(毎月支払いが続いてしまうと過払い金の金額が確定できないため)この支払いを停止させるという行為が、「支払いをしていない」という状態になってしまうため、ブラックリストになるわけです。

支払いが終わっている場合には、停止させる支払いがないわけなのでブラックリストにはなりません

「過払い金を請求するとブラックリストになる」と思っている方はこの点を誤解しています。

事前に過払い金を計算してから請求する!

取引履歴を取寄せ過払い金を計算

カード会社とあなたの利用履歴が全て記載された明細を「取引履歴」といいます。過払い金を計算する場合には、この取引履歴を使っていきます。

この取引履歴は、各カード会社に保管されており、顧客からの希望があった場合には、これを開示することが法律で定められています(取引履歴の開示義務)。

この取引履歴を取り寄せて過払い金を計算してみれば、どのくらいの過払い金が発生しているか分かるといううわけです。

過払い金の計算は専用のソフトをダウンロードして自分で計算することもできますし、依頼をして計算してもらうこともできます。

例えば、支払い残高が200万円、過払い金が300万円の場合、過払い金のほうが支払い残高よりも大きいため、このような場合には、ブラックリストになっても数ヶ月、又は最初からブラックになりません(カード会社によって対応が異なります)

過払い金のほうが支払い残よりも多い場合には、いったんブラックリストになったとしても「そもそも払うものはなかった」ということで、すぐにブラックが解除されるわけです。

おまとめローン後に過払い金を請求する!

おまとめローンを利用して過払い金を請求

「ブラックリストは避けたいから、完済して過払い金を請求したいけれど完済するお金がない…」

という場合には、おまとめローンを活用するという方法もあります。

例えば、アコムに50万円・プロミスに50万円・エポス(マルイ)に30万円・ニコスに50万円と借入があったAさんの例では、アイフルでおまとめローンを200万円で申込み4社が完済状態になりました。

おまとめで完済状態になったアコム・プロミス・エポス・ニコスに過払い金請求を行い、おまとめ先のアイフルへは普通に返済を続けました。

結果、4社から300万円の過払い金が戻ってくることになり、200万円のアイフルの支払いもできるような状態となりました。

このように、過払い金が発生する会社に支払いを続けているものの、完済ができず、かといってブラックリストになりたくないという方の場合には、おまとめローンを有効活用する方法も良いでしょう。

ただし、おまとめローンは審査が厳しいという側面もありますので、あくまで審査に通ることができるかが、まずは条件になっていきます。

借金を借換えして過払い金を請求する!

別のカードに借金を差し替えて過払い金を請求

「おまとめローンの審査がとおらない…」

「過払い金を請求したいけどブラックは…」

という方の場合には、過払い金の発生するカードの支払いを、新しく借りたカードの支払いで完済してしまうという方法もあります。

基本的な原理は、おまとめローンと一緒ですが、おまとめローンは金額が大きくなる分、審査がとおりにくいという問題もあります。

しかし、銀行で1社追加のカードを作ることは、おまとめローンよりはハードルが低くなりますので、これをうまく活用して少しずつ過払い金を請求していく方法です。

平成22年の貸金業法の改正で総量規制が定められたため、年収の1/3以上はキャッシングができなくなりましたが、銀行のカードローンはこの制限をうけないため、年収の1/3以上であってもキャッシングができるのです

例えば、アコムに50万円・ニコスに50万円・セゾンに30万円・レイクに50万円と借入がある場合、追加で銀行のカードローン50万円を申込み、まずアコムを完済させます。

新たな借入で完済したアコムに過払い金の請求を行い、戻ってきた過払い金でニコス・レイクを完済、この2社にも追加で過払い金の請求を行い、最後はセゾンへ…というような方法もとれるわけです。

その他の過払い金メニュー

過払い金の相談が不安な方へのメッセージ

過払い金の相談が不安な方へメッセージ

「過払い金の相談をしたいけど不安…」という方に当センターからのメッセージです。

カードも明細もない…過払い金への影響は?

カードも明細もない場合の過払い金への影響

「カードも書類もなにも残っていない」という場合でも過払い金に影響はありません。

過払い金で今支払っている借金の返済へ

過払い金で借金を返済

支払いの終わった会社の過払い金で現在の借金にあてる方法を説明します。

本サイトの執筆者

山口 広樹

神奈川県横浜市出身。
司法書士・行政書士14年目。
かながわ総合法務事務所の代表。
過払い金や債務整理を専門分野として、5000名以上の事案を解決。

・司法書士(神奈川県会2376号)
・行政書士(神奈川県会4407号)

ご相談・依頼はこちら

無料相談専用のフリーダイヤル

0120-631-625

(平日)9時〜21時(土日)10時~16時
※日曜日は相談予約の受付のみ

  • すぐに電話で対応可能です!
  • 電話・メール共に問合せ無料!
  • 全国対応!お気軽にどうぞ!
  • ご家族に秘密の方もお任せを!

過払い金を確かめよう!

過払い金の3分診断
過払い金の無料診断

「過払い金のある?ない?」
「いくら過払い金がある?」
をその場ですぐに診断します!

0120-631-625

サイドメニュー

運営事務所概要

  • 司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27
    東武立野ビル1F
    (横浜駅より徒歩8分)
  • TEL:045-328-1280