「過払い金の請求…まだ行っていませんか?」過払い金無料相談センターにお任せ下さい!

過払い金の相談・計算・調査全て無料。リスクのない過払い金請求を提案!

過払い金無料相談センター《東京・横浜》

【横浜相談センター】
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)

【東京相談センター】
東京都渋谷区神南1-15-3 神南プラザビル504号
(渋谷駅ハチ公口より徒歩8分。宇田川町信号の前)

受付時間:平日9時~21時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で無料相談!

無料相談実績1万名以上

過払い金の無料相談はこちらから

0120-631-625

家族に秘密で過払い金の請求はできる?

職責上の守秘義務があるため、家族から問合せがあってもあなたの過払い金について私達がお話しすることは絶対ありません。

「家族に絶対にばれないようにできますか…?」

「家族に秘密(内緒)なので心配…」

過払い金のご相談者の中には、完済している分の過払い金を請求したいけれど家族は借りていたことを知らなかったり、過払い金が戻ってくるのを家族にあえて話す必要がないという方もたくさんいるので、家族に内緒で進めていきたいという希望は多くあります。

結論からいって、過払い金の請求は家族や職場、誰にも知られることなく進めることはできます。

裁判をすると裁判所の関係者に知り合いがいるか、過払い金の利息部分の回収を行うと、納税義務がある場合があったりと不安要素はあるかもしれませんが、示談(裁判なし)であれば100%安全に進めることはできます。

当センターでは、家族に秘密を希望の場合には以下のような対応でサポートしています。

手続きの進行は基本メールにする

メールで進めることに手続き上は問題ありません。必要なときにだけお電話下さい。

過払い金を請求することを家族に秘密の場合には、いきなり電話がかかってきたりすると対応に困るという方もいると思います。

そんな場合には、連絡は「メール希望」と依頼時にお伝え頂ければ、メール以外の連絡は行いません。

そして、Eメールでも心配という場合には、フリーメール(ヤフーメールやグーグルのGメール)を使用されると良いでしょう。これらのフリーメールは、パスワードを入れない限り見れない設定にできますし、手続きが終わった際にはアドレス自体を削除してしまえば、完全に秘密が守られるというかたちになります。

メール希望の方の場合には、必要があればこちらへお電話を頂くというシステムをとっておりますので、家族と一緒にいるときに電話がかかってくるということはなくなります。

郵送物を0にした手続きにする

郵送物がいきなり到着することは絶対にありません。郵送物を0にした手続きも可能ですのでご希望の場合はお伝え下さい。

そもそも当センターでは、郵送物を送る前には必ずご連絡を行ってから郵送物を送っています。

しかし、「家族に内緒だから、そもそも郵送物自体が届くのが困る」という方もいます。その場合には、メールPDF添付で書類を送信したり、ご来所の上書類を確認して頂き、当センターで保管という形態も行っております。

これにより、郵送を1回も行わなくても過払い金請求の手続きは可能となるわけです。

また、郵送物は受け取りたいけれど、かといって家に届くのは…という方には、郵便局局留めで送ることも可能です。(郵便局によって対応出来ないケースも希にあります)

ご自身の希望をお伝え頂ければそれに応じて対応していきます。

過払い金の返金先口座を新規で作る

返金先口座は、どの銀行でも問題はありません。今使用中の銀行口座で支障がある場合には新口座を作成するのも一つです。

過払い金の返金は原則、トラブルにならないよう銀行口座への振込みで返金されます。

この銀行口座に過払い金の返金記録がついてしまうのが困るという方もいるかと思います。この場合には、過払い金の返金先のみの口座を作ってしまうのも一つです。

そして、過払い金の返金が完了してからその口座は使用しなければ問題はないでしょう。
(通帳やキャッシュカードを紛失したということにすれば、自然に口座は停止できます)

自分でやるのではなく専門家に依頼する

おまとめローンを行ったら過去の会社に
過払い金請求を行いましょう。

過払い金の請求は代理人(司法書士や弁護士)に依頼をすれば、秘密で進めることができます。
その理由は次のとおりです。

①司法書士や弁護士などの代理人に依頼をすると、カード会社は本人に連絡や郵送物を送ることはない。全て代理人の住所へ郵送物が届き、代理人の電話へ連絡がいくようになる。

②過払い金の請求に必要なことは代理人が全て進めてくれる。

③過払い金の入金先口座は、代理人の口座に指定できる。

④過払い金に関係する資料は、全て代理人の元で預かってもらえる。

など、ようは連絡や郵送物を代理人の管理にできるので、これが家族に秘密の方の場合には、有益なかたちになるわけです。

過払い金Q&A(家族に知られたくない方)

家族に秘密で過払い金の請求をすることはできますか?

家族に秘密で進めることは可能です。

特に家族の許可を得る必要もありませんし、自宅に通知がくるようなものでもないため、秘密で過払い金の請求を行うことは可能です。

絶対に秘密で進めていく場合には、郵送物をなくして書類の授受はご来所に、一般的な連絡はまずはメールということにしていけば問題はありません。

また、関係書類などは当センターで全て保管しておくということも可能です。

過払い金を請求すると、どこかの機関に届け出たりするものですか?
家族が調べたりすると分かるものですか?

裁判をしない限りその不安は問題ありません。

過払い金を請求しても、基本的にどこかに届け出を行うことはありません。

裁判所に訴えを起こして、過払い金の返還を求める場合には裁判所に届け出(申立て)をするぐらいです。

家族が調べて分かるかというと、まず分かることは難しいという結論です。

例えば、Aさんがニコスに過払い金の請求を行ったとして、Aさんの家族が問合せを行っても、個人情報の点からニコスは本人以外のもの(家族など)に対してはなにも話しません。示談の場合には、当センターと過払い金請求を行うカード会社しかあなたの情報はもっていないため、それ以上に家族が調べる術はないわけです。

裁判を起こした場合には裁判記録などを取得することもできますが、これを素人の方が取得しようという発想にすら至らないでしょう。(少なくともそのような事例は一度も確認したことはありません)

過払い金を請求しても、妻(夫)のクレジットカードはそのまま使えますか?その他、なにか影響はありますか?

使えます。但し家族カードは除きます。

過払い金を請求しても、家族のカードに影響がでることはありませんので、そのまま使えます。しかし、家族カードについては、親カードに過払い金の請求を行うと、他の家族が持っている子カードにまでその影響は及びますので、使用はできなくなります。

それ以外に家族に影響がでることは特にありません。

いきなり電話がかかってきたり、郵送物が送られてくると困ります。
こっそりと進めることが本当にできるのか、いまいち心配です…。
 

本当に大丈夫です。電話も郵送物もなしでも進められます。

家族に過払い金(もしくはキャッシングを行っていたこと自体)を秘密にしている場合、もしばれてしまったら色々と問題は起きるでしょう。そのため、郵送物を希望されない場合には、依頼時にでその旨を伝えていただければ郵送物をなしとする手続きに可能です。また、連絡方法についても依頼時に電話をなしとする旨を伝えて頂ければ、電話連絡をなしとする手続きに可能です。(どうしても詳細な説明などで電話が必要な場合には、メールでご連絡しご依頼者のタイミングでお電話を頂きます)

過払い金を請求した場合、税金の申告などは必要ですか?
また、それ以外になにか申告や届け出はありますか?

不要です。裁判で過払い利息を20万円以上取得したら必要です。

過払い金は、自分が払いすぎたお金を返してもらう手続きですので、収入を得たわけではないので税金の申告は原則として不要です。しかし、過払い金から発生する利息を裁判を行って20万円以上回収した場合には利息部分は雑所得にあたるため(これは返してもらったお金ではなく、利息収入にあたるため)、収入を得たということで確定申告が必要です。

それ以外(裁判所・税務署)以外に、役所や法務局など国の機関に申告が必要なものは特になにもありません。

万一、家族に気づかれてそちらに家族から問い合せがあった際には、どのように対応されますか?

なにも回答は致しません。

依頼人の秘密保持義務がありますので、ご本人以外を名乗る方から問合せがあってもこちらでは内容の回答などは致しません。

「私どもでは判断しかねますのでご本人様に伺って下さい」という回答のみで終了になります。

過払い金を請求するとクレジットカードなどは作れなくなりますか?

原則として作れます。但し返済中の方は無理な場合もあります。

新しいカードを作れるかカードの利用ができるかなどは、金融機関の信用情報機関に傷がついているかそうでないかにかかってきます。これはインターネット上ではブラックリストといわれているものです。

完済の場合には、過払い金を請求してもブラックリストにはなりません。反対に、返済中の方が過払い金を請求する場合にはブラックリストになることがあります。返済中の方は、相手側のカード会社からすれば支払いが残っているという意識だからこそ支払いをさせているため、過払い金によって支払うものがないと納得するまではブラックリストになっていてもおかしくはないためです。

その他の過払い金メニュー

ご相談者の声

当センターの無料相談を受けた方の「ご相談者の声」の一部をご紹介致します。

過払い金の無料計算

当センターの「過払い金無料計算」サービスについて説明します。

過払い金請求の費用

当センターで過払い金請求を行った場合の費用について説明しております。

過払い金の無料相談はこちらから

過払い金の相談を受ける司法書士

お電話でのお問合せはフリーダイヤルから

0120-631-625

[平日]受付時間:9:00~21:00
[土曜]受付時間:10:00~16:00
[定休日]日曜・祝祭日

ご相談は無料です。まずはお気軽にお問合せ下さい

面談相談をご希望の方はご予約頂き、下記までご来社下さい

★横浜相談センター(橫浜駅より徒歩8分)
 →アクセスマップはこちら

★東京相談センター(渋谷駅より徒歩8分)
 →アクセスマップはこちら

過払い金を確かめよう!!

過払い金の3分診断

過払い金の3分診断
〝過払い金のある?なし?〟
〝どれぐらい過払金がある?〟
をその場ですぐに診断します!

無料相談フリーダイヤル

0120-631-625

横浜店へのアクセス

東京店へのアクセス

サイドメニュー

運営事務所概要

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27東武立野ビル1F
    TEL:045-328-1280
  • 渋谷区神南1-15-3
    神南プラザビル504号
    TEL:03-6455-3042

横浜店:045-328-1280
東京店:03-6455-2925