リスクのない過払い金請求をご提供します!

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)
運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所

受付時間:平日9時~20時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で過払い金の調査
無料相談の実績は1万名以上
過払い金の無料相談はこちらから
0120-631-625

過払い金が入金されるまでの期間は?

手続き開始から平均6か月の期間が必要

「過払い金が入金されるまでの期間を知りたい」

「過払い金は何ヶ月で戻ってくる?」

過払い金請求をスタートして、実際に手元にお金が戻ってくるまでにどのくらいの期間が必要になるか確認していきましょう。

過払い金請求の流れを簡単に説明すると、以下のような流れです。

①取引履歴を取寄せる

②過払い金がいくら発生しているか計算する

③過払い金の請求書を送付する

④示談や裁判を行う

⑤過払い金が戻ってくるまでの期間を待機

⑥口座に過払い金が入金される

こうした流れを経て、過払い金は初めてあなたの手元に戻ってきます。

過払い金が戻ってくるまでの期間は、下記の内容によっても変わっていきます。

・カード会社毎に異なる(遅い会社と早い会社がある)
・利用内容に争点があるか?ないか?による
・裁判をするか?しないか?

一般的には、過払い金の調査を開始してから早い会社で3か月ほど、平均で4~7か月ほど、遅い会社で10ヶ月~12ヶ月ほどの期間というのが、一つのイメージとなります。

過払い金が入金されるまでの期間はどのくらい?(目次)

1)過払い金が入金されるまでの流れと期間

2)裁判を行うと返還期間は長くなる傾向あり

3)各カード会社の返還期間の目安は?

※クリックすると該当見出しにジャンプします※

過払い金が入金されるまでの流れと期間

取引履歴の取得に1週間~3か月の期間が必要

法定金利の場合は過払い金の発生なし

過払い金請求は、まずあなたが司法書士や弁護士に依頼をするところがスタートです。

依頼を受けた司法書士や弁護士は、介入通知を送付し、取引履歴の取寄せを開始します。

取引履歴とは、あなたがいつ・いくら・借りて・返済したいたかなどが記録されている利用明細のようなものです。

取引履歴は、過払い金の計算をする際に必要になるものです。

取引履歴の提出期間はカード会社によって異なりますが、早いところで1週間ほど、遅いところでは3か月ほどの期間がかかるケースもあります。

例えば、早い会社の例でいうとアコムやエポスカードなどは1週間~2週間ぐらい、遅い会社の例でいうとニコスやセディナなどが2か月~3ヶ月ぐらいかかるケースがあります。

但し、これは利用期間の長さによっても変わります。

利用期間が短い人はすぐ出てきますし、利用期間が20年、30年前のように長い場合には、多少遅くなる傾向があります。

過払い金の計算に1週間~1ヶ月の期間が必要

取引履歴を取寄せたら、実際に過払い金が発生しているのか、発生している場合はいくら発生しているのかを計算します。

過払い金の計算にかかる時間は、計算量と争点があるかないか取引履歴が見やすいものであるかなどによって変わります。

請求書を提出して交渉開始までに1週間~1ヶ月の期間が必要

過払い金の金額が分かり、過払い金請求を行うことが決まったら、カード会社に過払い金の請求書を送付。

ここから、カード会社との交渉が始まります。

交渉で得られた和解条件(何割返還するかなど)を元に、依頼者と相談しどの時点で和解をするか調整していきます。

和解条件に満足できたら話はまとまりますが、もし満足できないという場合には、裁判所で過払い金請求の裁判を行っていきます。

裁判で過払い金の請求を行った場合には、過払い金の100%額とその利息の請求を目指していきます。

和解から2か月から4か月ほどの期間が必要

交渉で話がまとまった後は、実際に過払い金が返還されるのを待つのみとなります。

和解後過払い金が戻ってくるまで待機する期間は、カード会社によってばらばらです。

返金期間が短いカード会社もあれば、長いカード会社もあります。

これは各会社の過払い金への引当て予算や資金繰りが影響しており、資金繰りがよい会社は返金が早く、資金繰りが悪い会社は返金が遅くなります。

一般的には交渉での和解で2ヶ月~4か月ぐらいです。

裁判を行うと返還期間は長くなる傾向があり

過払い金請求には、交渉(裁判なし)で解決するほか、裁判で行うという方法もあります。

交渉を行った場合のメリットは、「相手のカード会社と穏便に解決できる」「裁判より過払い金が早く戻ってくる」という2点です。

裁判を行った場合のメリットは、「過払い金の金額が示談より多く戻ってくる」こと。デメリットは、「交渉よりも時間がかかる」「穏便な解決にはならない」という点です。

過払い金の請求を裁判で行った場合には、訴訟提起から返金までに要する期間は、半年~一年ほどかかると考えてよいでしょう。

もちろん、時間をかけた分、裁判のほうが取り戻せる金額は大きくなることが多いです。

しかし、相手の会社が倒産していたり、経営状況が極端に悪かったり、あるいは直接交渉の段階でかなり良い条件をもらっていた場合には、裁判をしてもあまり条件に変化がありません。

カード会社毎の過払い金が戻ってくる期間は?

各カード会社に過払い金請求を行った場合に、どのくらいの期間で過払い金が戻ってくるのかを確認してみましょう。

交渉で解決した場合と、裁判で解決した場合の2パターンで記載しています。
(争点がある場合も想定し、最長期間は比較的長く記載しています)

・アコムの場合
(交渉)交渉開始から約1~4ヶ月で60%~90%の過払い金を返金
(裁判)訴訟提起から5~9ヶ月で過払い金100%+過払い利息(最大)

・プロミスの場合
(交渉)交渉開始から約2~5ヶ月で70~90%返金
(裁判)訴訟提起から5~9ヶ月で過払い金100%+過払い利息(最大)

・アイフルの場合
(交渉)交渉開始から約1~3ヶ月で70~90%返金
(裁判)訴訟提起からおよそ6ヶ月~1年で過払い金100%+過払い利息(最大)

・エポスカードの場合
(交渉)交渉開始から約1、2ヶ月で70~90%返金
(裁判)訴訟提起から約3~4ヶ月で過払い金100%+過払い利息(最大)

・ニコスの場合
(交渉)交渉開始から約2~4ヶ月で70~90%返金
(裁判)訴訟提起から約6~8ヶ月で過払い金100%+過払い利息(最大)

・セゾンの場合
(交渉)交渉開始から約2~4ヶ月で70~90%返金
(裁判)訴訟提起から約5~7ヶ月で過払い金100%+過払い利息(最大)

・オリコの場合
(交渉)交渉開始から約8~10ヶ月で70~90%返金
(裁判)訴訟提起から約6~10ヶ月で過払い金100%+過払い利息(最大)

その他の過払い金についてのページ

過払い金が多く発生する条件とは…?

滞納している場合でも過払い金の請求は可能

「どんな場合に過払い金は多く発生する?」多く発生する条件を解説していきます。

過払い金が発生する目安を知りたい!

過払い金が発生する目安

「過払い金って金額でいくらくらい発生するの?」過払い金の目安をご説明します。

過払い金請求の期限と時効の関係とは…?

カードや明細がなくても過払い金は請求可能

過払い金を請求できる期限があることを知っていますか?10年で時効になります。

本サイトの執筆者

山口 広樹

神奈川県横浜市出身。
司法書士・行政書士14年目。
かながわ総合法務事務所の代表。
過払い金や債務整理を専門分野として、5000名以上の事案を解決。

・司法書士(神奈川県会2376号)
・行政書士(神奈川県会4407号)

ご相談・依頼はこちら

無料相談専用のフリーダイヤル

0120-631-625

(平日)9時〜20時(土日)10時~16時
※日曜日は相談予約の受付のみ

  • すぐに電話で対応可能です!
  • 電話・メール共に問合せ無料!
  • 全国対応!お気軽にどうぞ!
  • ご家族に秘密の方もお任せを!

過払い金を確かめよう!

過払い金の3分診断
過払い金の無料診断

「過払い金のある?ない?」
「いくら過払い金がある?」
をその場ですぐに診断します!

0120-631-625

サイドメニュー

運営事務所概要

  • 司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27
    東武立野ビル1F
    (横浜駅より徒歩8分)
  • TEL:045-328-1280