リスクのない過払い金請求をご提供します!

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)
運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所

受付時間:平日9時~20時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で過払い金の調査
無料相談の実績は1万名以上
過払い金の無料相談はこちらから
0120-631-625
2022/05/19更新

過払い金はどこに相談すればいい?

「過払い金の相談はどこにすればいいの?」
「良い事務所・悪い事務所のポイントは?」

過払い金の相談相手は、弁護士か司法書士(簡裁訴訟代理権のあるもの)に限られます。

弁護士や司法書士が在籍している事務所や法テラス、役所での無料相談などが、相談先として一般的です。

その他、司法書士会や弁護士会、国民生活センターなどでも、相談はできます。

そして、どこがいいか?のポイントは、下記の点を抑えておきましょう。

・専門的に過払い金請求を取り扱っていること
・懲戒を受けた司法書士や弁護士でないこと
・費用をホームページ上でしっかり明示している
・相談の対応が信頼できる

これらの点について、詳しく確認してみましょう。

過払い金はどこに相談できるの?

弁護士か認定司法書士へ相談

過払い金の相談を受けることができるのは、法律で、弁護士か認定司法書士と決まっています。

認定司法書士とは、司法書士資格の試験とは別に、認定考査という試験に合格した司法書士を指します。

また、司法書士は、1件あたり140万円以内の過払い金の相談権に留まるため、140万円以上の過払い金は弁護士に相談することになります。

公的機関か直接事務所に相談する

そのため、過払い金の相談は、こうした弁護士や認定司法書士が所属する団体に相談することになります。

具体的には、以下のような団体が挙げられます。

・司法書士事務所や弁護士事務所
・法テラス
・市区町村の相談窓口
・国民生活センター

司法書士事務所や弁護士事務所への相談

過払い金請求を行っている事務所を探して、相談をするというケースが一番多いでしょう。

ただし、良い事務所もあれば、悪い事務所もあるのは、他の世界と一緒です。

この点のポイントは、後述します。

法テラス

法テラスは、国が設立した法律相談や弁護士などを斡旋する公的機関です。

法テラスの利用には、一定の収入条件があるため、これをクリアしている人が利用できます。

法テラスに登録している弁護士などが相談に対応することになりますが、過払い金を専門としている人に相談できるかは運次第なので、その点がネックにはなるかもしれません。

市区町村の相談窓口・国民生活センター

各市区町村では、無料で法律相談を行っています(1回30分が目安)。

ここでも、過払い金の相談は可能ですが、弁護士や司法書士は当番制で相談にあたっているため、法テラス同様、必ずしも過払い金を専門としている人に相談できるとは限りません。

国民生活センターでも相談には対応しており、弁護士などを紹介してもらい相談…という流れになります。

司法書士会や弁護士会に相談する

各都道府県には、司法書士会や弁護士会で法律相談を行っており、ここで過払い金の相談をすることは可能です。

司法書士や弁護士を自分で探さず、紹介を希望する場合には、司法書士会や弁護士会への相談が一番最適です。法テラスのような収入制限もありません。

過払い金の相談先を探すポイント

過払い金請求を専門として実績がある

過払い金請求の実績があるところに依頼したほうが、より多くの過払い金が戻ってくるケースが高くなります。

もちろんですが、どんなことでも慣れている人とそうでない人では、結果に差が出ます。

経験豊富な事務所に依頼を行ったほうが、交渉の引き出しも多いですし、リアルタイムであなたの事例と似たような過払い金請求が進行されていることもあるでしょう。

懲戒を受けていない

「懲戒」とは、過去に業務違反で弁護士会や司法書士会から処罰を受けたことを指します。

つまり、決められたルールに違反して弁護士業や司法書士業を行い過去に処罰されているため、悪いことをしていたという事実は明らかです。

懲戒処分を過去に受けているかは、「事務所名 懲戒」などのように検索すれば、すぐに分かります。依頼する前に、確認をしてみましょう。

過払い金の費用をHPで明示している

通常では、過払い金請求にかかる費用はホームページ上に明示されているケースが多く、また、それが依頼人にとって分かりやすいかたちです。

「料金の表示がない」「詳細はお電話で」という事務所は、お勧めできません。

費用を記載していない事務所は、相場よりも高い費用か、又は、あいまいな費用設定になっている可能性があります。

費用の安い事務所がホームページ上で費用をアピールするのと真逆のことというわけです。

相談時の対応が信頼できるところ

何十万、何百万円という過払い金が発生する場合、大きな金額をその依頼する事務所に託すということになります。

やはり、最初の相談時の対応がしっかりしているか、そうでないかで今後の対応は決まります。

2017年の司法書士法人のぞみや2020年の東京ミネルヴァ法律事務所の破産のように、突然事務所が閉鎖されてしまうケースもあります。

こうした事態が発生した場合に、損を被るのは依頼人です。

自分が納得して依頼できる事務所を探すようにしましょう。

過払い金のCM事務所の評判は?

過払い金のテレビやラジオCM。どなたでも一度は耳にしてことはあるでしょう。

当然ながら、こうしたCMは広告であり、CM費用は安いものではありません。

こうした事務所では、CM費用の元がとれるように費用を設定しなければならないため、こうした事務所で、安い費用というのは難しいと思います。

相場と比較して普通ぐらいの費用か、通常は広告をやっていない事務所よりも割高な費用設定になっているほうが多いと思われます。

いくつかの事務所の費用を比較してから、依頼をするほうが良いでしょう。

過払い金のランキングは信用できる?

現在では、インターネットが大きく普及していることもあり、検索すると、無数の司法書士事務所や弁護士事務所に登場します。

しかし、中には表現的にまずいところもあり、嘘の内容も含まれています。

代表的なのが、過払い金の実績1位、2位、3位など表示している「ランキングサイト」や、過払い金請求でおすすめ事務所!などのように表示している「ポータルサイト」と言われているものです。

「おすすめの弁護士ランキング」「過払い金に強い事務所15選」など、ランキング付けして事務所紹介を行っているホームページは、あまり信用しないことです。

これらは、WEB広告会社が運用しているもので、自社の顧客の中で一番お金を支払ってくれているところを、1位やおすすめにしている「からくり」があります。

ランキングに明確な基準もなく、広告をたくさん行っている事務所ばかりが上位に名を連ねているので、過払い金の業界にいる人であればすぐに広告と気づく代物です。

ランキングだけで、良い事務所と思うのは危険ですので注意しましょう。

費用が安い事務所に相談するには?

依頼することを前提にするなら、「初めから費用の安い事務所に相談したい」という希望の方もいるでしょう。

法テラスや司法書士会、弁護士会に「安い事務所を紹介して欲しい」というオーダーを出しても、さすがにそこまでは対応してくれないため、自分で探すしかありません。

過払い金請求の費用は、「成功報酬」が大部分を占め、一番大きな費用となります。

成功報酬とは、戻ってきた過払い金によって決まる報酬で、2022年現在では、15%(安い)~18%(普通)~20%(高い)が相場と言えます。

例えば、過払い金が100万円戻ってきた場合に、15%なら15万円、18%なら18万円、20%なら20万円の報酬が発生するというわけです。

過払い金の相談先を探す際に、こうした成功報酬の相場も理解した上で、事務所探しをすると費用の安い事務所も一緒に探せるでしょう。

なお、当センターでは、過払い金の成功報酬を15%で行っていますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。過払い金の診断や、調査なども全て無料で行っております。

本サイトの執筆者

司法書士・行政書士
山口 広樹

横浜市出身。司法書士・行政書士14年目。
かながわ総合法務事務所の代表。
過払い金や債務整理を専門分野として、5000名以上の事案を解決。

・司法書士(神奈川県会2376号)
司法書士会の会員ページへ

・行政書士(神奈川県会4407号)
行政書士会の会員検索ページへ

ご相談・依頼はこちら

無料相談専用のフリーダイヤル

0120-631-625

(平日)9時〜20時(土日)10時~16時
※日曜日は相談予約の受付のみ

  • すぐに電話で対応可能です!
  • 電話・メール共に問合せ無料!
  • 全国対応!お気軽にどうぞ!
  • ご家族に秘密の方もお任せを!

過払い金を確かめよう!

過払い金の3分診断
過払い金の無料診断

「過払い金ある?ない?」
「いくら過払い金がある?」
をその場ですぐに診断します!

0120-631-625

運営事務所概要

  • 司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27
    東武立野ビル1F
    (横浜駅より徒歩8分)
  • TEL:045-328-1280

サイドメニュー