リスクのない過払い金請求をご提供します!

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)
運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所

受付時間:平日9時~20時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で過払い金の調査
無料相談の実績は1万名以上
過払い金の無料相談はこちらから
0120-631-625
2022/06/19更新

「滞納や延滞していた」過払い金に影響は?

滞納や延滞があっても過払い金は戻ってくる

「滞納していたら、過払い金は戻らない?」
「延滞があると、過払い金に影響はある?」

返済中に延滞や滞納をしたことがあると、過払い金に影響がないか、心配の方もいるでしょう。

数か月、数年滞納したケースや、返済日に何度か延滞したような場合でも、過払い金は請求できます。

滞納や延滞があっても、「払いすぎたお金があるなら」過払い金は戻ってくるのです。

そして、中には「過払い金があるから、そもそも滞納ではなかった」というケースもあります。

詳しく見てみましょう。

滞納でも過払い金が戻ってくる場合

5年前から滞納していた事例

カードの支払いを滞納していた場合でも過払い金の請求は可能

例えば、当センターに相談をされたRさんの場合

「5年ぐらい前から払えなくなりました。カード会社から督促もなかったので滞納しています…」

Rさんの支払い状況を調べてみたところ、元金で492107円、損害金で50万円ほどの支払い残でした。

損害金を加味すると、合計で100万円近くの支払いになっていたのです。

実際は滞納ではなかった

Rさんは、約20年前からカードを利用しており、過払い金が発生していました。

そして、実際に過払い金を計算してみると、8年前に返済は終わっていた状況でした。

つまり、滞納し始めた5年前には、既に払うものはなかったため、実際は滞納ではなかったのです。

結果、49万2107円の借金は0になり、さらに、過払い金が87万円戻ってきました。

この場合、損害金として計上されていた50万円の支払いもありません。

なぜなら、過払い金を加味すれば8年前に支払いは終了し、滞納ではないからです。

督促がほとんどなかった理由

「なぜ、ほとんど督促をされなかったのか?」

カード会社は過払い金を加味すれば、「滞納ではない」のは分かっていたからです。

また、下手に督促をすると、87万円の過払い金を請求される可能性があるからです。

さらに、「5年前から滞納」ではなく、実際は「8年前に完済(滞納していない)」です。そもそも、督促をする必要性がなかったとも言えます。

「それならRさんにそのように伝えてあげれば良かったのに…」と思うかもしれませんが、カード会社はそこまで親切ではありません。

「過払い金を知らずに、お金を払ってくれる」なら、それを受け取るだけなのです。

Rさんが、長年気にしていた滞納は、勘違いだったというわけです。

延滞の過払い金への影響は?

延滞していても過払い金の請求に影響なし

「支払日に間に合わず何度か支払いが遅れた」

「完済したけど払えていない期間があった」

滞納ではないけれど、返済日に度々遅れていた…こんな方もいるでしょう。

この場合でも、過払い金は発生しますし、請求もできます。

ただし、延滞がたくさんあり、貸付停止措置(お金を借りられなくなり返済のみの状態になること)を受けた場合には、過払い金が減る可能性はあります。

なお、私的和解(支払いに困り、無利息での返済を契約すること)を行っていると、過払い金を取戻すことが難しいというケースもあります。

滞納から10年で過払い金は請求できない

最終返済日から10年で過払い金は時効

カードの支払いを滞納していた場合でも過払い金の請求は可能

以上のとおり、滞納・延滞の場合でも、過払い金請求は可能です。

しかし、一点だけ注意しなければいけないのが、過払い金を請求できる「期限」です。

過払い金を請求できる権利は、法律で言うと、不当利得返還請求権というものになり、民法の時効の制限を受けます。

不当利得返還請求権の時効は、「最後に返済をした時から10年」なので注意しましょう。

過払い金が時効の場合の対応

過払い金が時効で請求できないと、「遅延損害金も含め、全額支払わなければいけないの?」という不安があるでしょう。

この場合は、「返済の時効」を援用すれば、支払いを免れることがあります。

・裁判所(支払督促)に訴えられていない
・一度も支払いをせずに、5年が経過

この2つの条件を満たしていれば、返済の時効を援用できます。

滞納した借金を過払い金で解決した事例!

滞納した経緯と借金の内容

Mさんは、24歳頃にアコムのカードを作りました。

接待や遊びなどでキャッシングを利用。

38歳までは順調に返済していましたが、42歳の時に勤めていた会社が倒産。

これを機に支払いができなくなりましたが、特に督促もないまま6年が経過していました。

(支払い内容)
・支払いの残っていた金額:32万8,076円
・発生していた遅延損害金:18万2,019円

過払い金を請求した結果は?

・過払い金発生額:95万7613円
(支払いは全て0になった上での戻ってきた過払い金)

・アコムの提示額:76万円(発生額の80%程度)

・和解金額:90万円(発生額の95%程度)

過払い金請求の内容

32万8076円の支払いは0になりました。

元金が0になったため、18万2019円の損害金の支払いもなくなりました。

さらに、返還対象の過払い金が95万7613円発生し、90万円の返還で和解が成立しました。

これから支払いをしていかなければいけないと覚悟していたMさんは、費用を差し引いても70万円近い金額が手元に戻ってくることになり、とても驚いていました。

本サイトの執筆者

司法書士・行政書士
山口 広樹

横浜市出身。司法書士・行政書士15年目。かながわ総合法務事務所の代表。過払い金や債務整理を専門分野とし、5000名以上の事案を解決。

・司法書士(神奈川県会2376号)
司法書士会の会員ページへ

・行政書士(神奈川県会4407号)
行政書士会の会員検索ページへ

お問合せはこちらから

タップすると電話がかけられます

0120-631-625

(平日)9時〜20時 (土曜)10時~16時

  • お電話ですぐに対応可能
  • 過払い金の診断・調査は無料
  • 電話・メール共に問合せ無料
  • 全国対応!お気軽にどうぞ!
  • ご家族に秘密の方もお任せを!

過払い金を確かめよう!

過払い金の3分診断
過払い金の無料診断

「過払い金ある?ない?」
「いくら過払い金がある?」
をその場ですぐに診断します!

0120-631-625

運営事務所概要

  • 司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27
    東武立野ビル1F
    (横浜駅より徒歩8分)
  • TEL:045-328-1280

サイドメニュー