リスクのない過払い金請求をご提供します!

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)
運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所

受付時間:平日9時~20時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で過払い金の調査
無料相談の実績は1万名以上
過払い金の無料相談はこちらから
0120-631-625

延滞や滞納があっても過払い金は戻る!

実際の事例を確認してみよう

「支払いを途中からしていない…こんな場合でも過払い金請求できますか?」
「何度も支払い日に遅れてましたが、過払い金請求に影響はないですか?」

支払いを滞納したままになっているケースや支払日に何度も遅れてしまった場合、過払い金を請求できないのでは?と思っている方も多いでしょう。

このような場合でも過払い金は発生しますし、もちろん過払い金請求もできます。

そもそも支払いが遅れてしまうのは金利が高かったから。

そして、その時に既に過払い金が発生している状態であったとしたら…そもそも支払いが遅れていることにすらなっていないわけです。

数年近く借金を滞納しても過払い金は請求できる

カードの支払いを滞納していた場合でも過払い金の請求は可能

例えば、当センターに相談をされたRさんの場合

「5年前ぐらいから支払いが苦しくなって、払えなくなりました。カード会社から督促もこなかったのでそのままに。でもこのままだと不安で…」

Rさんの支払い状況を調べてみたところ、カード会社への支払い残は492,107円。

5年近く支払いをしていなかったため、損害金は50万円ほど。
合計で100万円の支払いが残っている状況でした。

しかし、20年近く前からカードを利用していたため、過払い金の発生対象だったわけです。

実際に、過払い金を計算してみると8年前に過払い金分で返済は終わっており、8年前から支払いができなくなった5年前までの3年間で過払い金が87万円発生していたのです。

つまり、492,107円の借金は0になり、さらに、現金として戻ってくる過払い金が87万円発生していたということです。

もちろん、損害金として発生していた50万円も0です。
なぜなら、Rさんは8年前に支払いは終わっていたわけなので、滞納もない以上、損害金なんていうお金は発生しないからです。

滞納してもカード会社が督促をしない理由は?

「なぜカード会社は支払いの督促をしなかったのか?」

カード会社は過払い金の計算をすれば、支払いが0になるのは分かっていたのです。

下手に督促をすると、過払い金を請求されるかもしれないので、Rさんが支払いができなくてもそのままにしていたのです。

だから、滞納してもカード会社からRさんへの督促は一切来なかったのです。

また、「Rさんは5年前から支払っていない」わけではなく、「Rさんは8年前に支払いが終わっている(つまり滞納していない)」というわけなので、督促をする必要性がなかったのです。

それなら、カード会社はRさんにそのように伝えてあげれば良かったのに…ということになりますが、そのようなことはされません。

カード会社からすれば、わざわざ支払ってくれるならそのお金を受け取るだけです。

ましてや、過払い金が発生しているなんて自分たちが損をするようなことは基本的に伝えません。

Rさんが長年ずっと心にもやもやを抱えていたのは、勘違いだったというわけです。

延滞していた…返済に何度か遅れていた場合は?

延滞していても過払い金の請求に影響なし

「支払日に間に合わず何度か支払いが遅れた」

「完済したけど払えていない期間があった」

数年も滞納していたわけではないけど、返済が度々遅れていたことはあった…こんな方もいるでしょう。

「返済が遅れていた場合には過払い金の発生に影響はないのか?ちゃんと請求できるのか?」と不安な方もいるかもしれませんが、過払い金は発生しますし請求をすることもできます。

ただし、遅れがたくさんあり、カード会社から貸付停止措置(カードでお金を借りられなくなり返済のみの状態になること)を受けた場合には、過払い金の計算方法に差異がでます。

しかし、過払い金が減る可能性はありますが、過払い金の発生はあるというわけです。

なお、私的和解(カードの支払いができなくなり、カード会社と無利息で返済する旨の契約をすること)を行っている場合には、過払い金が発生していても、その状況によっては過払い金を取戻すことが難しいというケースもあります。

滞納してから10年経つと過払い金は請求できない!

カードの支払いを滞納していた場合でも過払い金の請求は可能

以上のとおり、滞納している場合も支払いが遅れている場合も、条件を満たしてさえいれば過払い金を請求できます。

しかし、一点だけ注意しなければいけないのが、過払い金を請求できる「期限」です。

過払い金を請求できる権利は、法律で言うと、不当利得返還請求権というものになり、民法の時効の制限を受けます。

不当利得返還請求権の時効は、最後に返済をした時から10年以内です。

滞納してから10年以上経ってしまうと、過払い金は請求できなくなるので注意しましょう。

余談になりますが、仮に過払い金を請求できないとなると、
「滞納から10年が経っていたら、滞納した遅延損害金も含め全額請求されるの?」
という不安がある方もいるかもしれません。

この場合でも、滞納してから、裁判所に訴えられていないこと、一度も支払いをせずに5年が経過していれば、元金の支払い自体の時効を求めることができます。

元金の支払い自体を時効にできれば、借金や損害金の支払いはにできるので、この点も豆知識として覚えておきましょう。

滞納状態から過払い金を請求した解決例

Mさん(横浜市神奈川区 48歳 示談で解決)

・支払いの残っていた金額:32万8,076円

・発生していた遅延損害金:18万2,019円

・過払い金発生額:95万7,613円
(上記の支払いは全て0になった上での過払い金)

・アコムの提示額:76万円(発生額の80%程度)

・和解金額:90万円(発生額の95%程度)

Mさんは、24歳頃にアコムのカードを作りました。

接待や遊びなどでキャッシングを利用し38歳までは順調に支払いを続けていましたが、42歳の時に会社が倒産しカードの支払いができなくなってしまいました。

アコムからは特に督促もないまま6年ほど経過し、再就職をしてようやく生活が落ち着いたMさんは当センターに相談にいらっしゃいました。

「6年前に払えなくなってしまった借金にしっかりけじめをつけたくて…」というMさんでしたが、支払うものは残っておらず、逆に過払い金が95万7,613円発生していました。

95万7,613円の約95%である90万円でアコムと和解が成立しました。

これから支払いをしていかなければいけないと覚悟していたMさんは、費用を差し引いても70万円近い金額が手元に戻ってくることになり、とても驚いていました。

本サイトの執筆者

山口 広樹

神奈川県横浜市出身。
司法書士・行政書士14年目。
かながわ総合法務事務所の代表。
過払い金や債務整理を専門分野として、5000名以上の事案を解決。

・司法書士(神奈川県会2376号)
・行政書士(神奈川県会4407号)

ご相談・依頼はこちら

無料相談専用のフリーダイヤル

0120-631-625

(平日)9時〜20時(土日)10時~16時
※日曜日は相談予約の受付のみ

  • すぐに電話で対応可能です!
  • 電話・メール共に問合せ無料!
  • 全国対応!お気軽にどうぞ!
  • ご家族に秘密の方もお任せを!

過払い金を確かめよう!

過払い金の3分診断
過払い金の無料診断

「過払い金のある?ない?」
「いくら過払い金がある?」
をその場ですぐに診断します!

0120-631-625

サイドメニュー

運営事務所概要

  • 司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27
    東武立野ビル1F
    (横浜駅より徒歩8分)
  • TEL:045-328-1280