「過払い金の請求…まだ行っていませんか?」過払い金無料相談センターにお任せ下さい!

過払い金の相談・計算・調査全て無料。リスクのない過払い金請求を提案!

過払い金無料相談センター《東京・横浜》

【横浜相談センター】
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)

【東京相談センター】
東京都渋谷区神南1-15-3 神南プラザビル504号
(渋谷駅ハチ公口より徒歩8分。宇田川町信号の前)

受付時間:平日9時~21時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で無料相談!

無料相談実績1万名以上

過払い金の無料相談はこちらから

0120-631-625

過払い金の無料診断

過払い金とブラックリストの関係
ー過払い金を請求した場合にデメリットはある?

ブラックリストは俗語です。信用情報機関(JIC・CICC・全銀協)に事故情報として登録がされてしまうことを指します。

ブラックリストとは、〝信用情報機関に事故情報として登録されること〟を指します。信用情報機関には、CIC・JICC・全銀協の3種類があります。

お金の貸し借りについての信用が傷ついてしまうと、信用情報機関に事故情報として登録がなされ、一定期間お金を借りることやクレジットカードを利用することが難しくなってしまうわけです。

「過払い金を請求するとブラックリストになってしまうか?」

完済の状態で過払い金を請求した場合には、100%ブラックリストになりません。
反対に、支払いが残っている状態で過払い金を請求した場合には、支払い残>過払い金ならブラックリスト、支払い残<過払い金ならブラックリストになりません。

ブラックリストになると、カードの使用や新しいカードを作ること、ETCの利用やお買い物分の後払い、住宅ローンや車のローンを組むことを一定期間(5~7年ぐらい)制限されてしまいます。

なお、後払いでなければブラックリストとは関係がないため、例えば[PASMO]や[スイカ]、[デビットカード]や[ETCパーソナル]などのカードは使用できます。

信用情報機関とはどんなところ?

信用情報機関ではクリジットカードの利用者の利用状況を管理しています。滞納や債務整理を行っているとマイナス評価です

信用情報機関とは、クレジットカード利用者の情報を管理している機関です。新規でカードの申込みなどがあった場合に、カード会社がカード利用希望者の情報を参考にできるようになっています。

大きく分けて、CIC・JICC・全銀協の3つの信用情報機関があります。消費者金融であれば、CICかJICCのいずれかに加盟し、信販会社であればCICとJICCの両方に登録しているのが一般的です。銀行は、全銀協に加盟しています。

信用情報機関では、「カードの支払いに3か月以上の延滞があった」「債務整理が行われた」「携帯電話の本体代金の3か月以上の未払いがあった」などの場合に、カード利用者にマイナスの登録がを行います。このマイナスの登録を「事故情報の登録」と言いますが、この事故情報登録を一般的にブラックリストというわけです。

CICの詳細はこちらから

JICCの詳細はこちらから

全銀協の詳細はこちらから

過払い金請求でブラックリストになることはある?

完済の場合はブラックリストにならない。支払中の場合は、それぞれの状況によりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

「過払い金請求をしてブラックリストになるか?」
という点については、なる場合もあればならない場合もあります。

過払い金を請求する場合とは、以下の3つの場合が考えれます。

①完済している状態。

②支払いが残っている状態。過払い金が支払残を上回る(過払い金>支払残)
(例:現在50万円の残を支払中で過払い金が20万円ある場合など)

③支払いが残っている状態。過払い金よりも支払残のほうが多い(支払残>過払い金)
(例:現在50万円の残を支払中で過払い金が100万円ある場合など)

まず、①では100%ブラックリストになりません。②では数か月間ブラックリストになることはありますが過払い金請求の手続きが終わればブラックリストも終わります。③の場合には、100%ブラックリストになります。

以下、①~③それぞれの場合を見ていきましょう。

①完済の過払い金請求は100%ブラックリストにならない

完済(支払いが終わった)した方が過払い金を請求してもなにも影響はありません。

ネットなどの古い情報だと、「過払い金請求をするとブラックリストになる」という記載があるかもしれませんが、今はそうではありません。

平成22年4月以前は、過払い金請求をするとブラックリストになっていましたが、これ以降は取り扱いが変わりました。平成29年現在では、完済している場合には100%ブラックリストにはなりません

ブラックリストになってしまう条件は、〝過払い金を請求した場合ではなく債務整理に該当する場合〟です。そして、債務整理に該当する場合とは、借金を支払中で、過払い金でも精算ができないような状態を指します。

そのため、完済している方は、「止める支払いがない=債務整理ではない」ということになるため、ブラックリストになることはありません。

別の表現でお伝えするなら、「ブラックリストになりたくないけど過払い金を請求したい」という方は、全ての支払いを終えてから過払い金の請求を行いましょう。

②過払い金>支払残の場合はブラックリストになる?

15年~20年近くカードを利用し続けている場合には、過払い金のほうが支払残よりも多くなっているケースがほとんどです。

返済中の方で、「過払い金は請求したいけれどブラックリストになるのは困る…」と悩んでいる方は、意外とたくさんいます。

支払残よりも過払い金のほうが多い場合には、ブラックリストになる場合とならない場合があります。

支払残があると、債務整理と過払い金請求を並行して進めていくことになるため、ブラックリストになるのが普通と考えられます。しかし、過払い金のほうが多かったとすると、そもそも債務整理ではなかったことになります。もう少し分かりやすく説明するために、例をあげて説明します。

例:Aさんはレイクに15年近く返済を続けており、現在の残高は80万円。
過払い金を調査した結果、
150万円の過払い金が発生していました。
この場合、150万円の過払い金があるならそもそも80万円の支払いはなかったわけです。

そうなると、基本的には手続きを開始したときにいったんブラックリストにはなりますが、80万円を支払う必要がないと分かった時にブラックリストから解除されます。期間的には半年程度のブラックリストとみておけば問題はないわけです。

また、過払い金が発生するのが初めから明らかな場合には、金融会社によっては一切ブラックリストに載せない、つまりカードが使用できる状態の場合もあります。
(おそらく信用情報に登録をしても、すぐに登録を抹消するのが分かっているので意味のない行為ととらえているのでしょう)

比較的、多額の過払い金が発生する方で、そのようなケースが多いようです。

③過払い金<支払残の場合はブラックリストになる

過払い金のほうが支払残より少ない場合は、借金を減少させることはできますが、ブラックリストは避けることができません

過払い金が発生していたとしても支払残のほうが上回る場合には、100%ブラックリストになります。

このような場合には、過払い金をもってしても支払残を完全に消すことはできないため、債務整理と同視されるためです。

なお、「今の支払いを続けながら過払い金だけ請求したい」というご質問を頂くケースもありますが、残念ながらそれはできません。

過払い金請求の仕組みが、まず現在の支払残に過払い金を充てた上で、なお過払い金がある時に初めて現金として戻される仕組みの手続きだからです。

ブラックリストになるのが嫌でありながらも、一刻も早く支払いを終わらせたい場合には、過払い金の差額分の支払いを早く済ませ、0和解で支払いをなくすという方法もあります。

例えば、支払残が100万円・過払い金が70万円発生しているのが分かった場合に、その差額である30万円を返済した時点で、過払い金の請求を行えば支払いを0にするという0和解にこぎつけることができます。「100万円までは用意できないけど、30万円なら…」という方には、借金を0にする0和解は有効な方法となるわけです。

その他の過払い金についてのページ

過払い金とは?

過払い金とは「金融会社に過去に払いすぎてしまったお金」を指します。

過払い金請求の費用

当センターで過払い金請求を行った場合の費用について説明しております。

過払い金発生の目安

「過払い金ってどのくらい出るものなの?」という方はこちらをご覧下さい。

過払い金の無料相談はこちらから

過払い金の相談を受ける司法書士

お電話でのお問合せはフリーダイヤルから

0120-631-625

[平日]受付時間:9:00~21:00
[土曜]受付時間:10:00~16:00
[定休日]日曜・祝祭日

ご相談は無料です。まずはお気軽にお問合せ下さい

面談相談をご希望の方はご予約頂き、下記までご来社下さい

★横浜相談センター(橫浜駅より徒歩8分)
 →アクセスマップはこちら

★東京相談センター(渋谷駅より徒歩8分)
 →アクセスマップはこちら

過払い金を確かめよう!!

過払い金の3分診断

過払い金の3分診断
〝過払い金のある?なし?〟
〝どれぐらい過払金がある?〟
をその場ですぐに診断します!

無料相談フリーダイヤル

0120-631-625

横浜店へのアクセス

東京店へのアクセス

サイドメニュー

運営事務所概要

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27東武立野ビル1F
    TEL:045-328-1280
  • 渋谷区神南1-15-3
    神南プラザビル504号
    TEL:03-6455-3042

横浜店:045-328-1280
東京店:03-6455-2925