リスクのない過払い金請求をご提供します!

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)
運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所

受付時間:平日9時~20時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で過払い金の調査
無料相談の実績は1万名以上
過払い金の無料相談はこちらから
0120-631-625

過払い金の計算とは?
取引履歴を取寄せて計算すると過払い金があるか分かる!

「過払い金の金額ってどうやって分かるの…?」

「過払い金を計算するって何を計算するの?」

過払い金を請求するためには、まずは自分に過払い金が発生しているか、そして、いくらぐらいの過払い金が発生しているかを知ることがスタートです。

過払い金が発生していること、そして、金額としていくらぐらいの過払い金が発生しているかを知るために、「過払い金の計算」が必要になってくるというわけです。

「過払い金の計算ってどうやるの…?」

過払い金の計算は一般的に「引き直し計算」と呼ばれており、過払い金を請求したいカード会社から利用明細(取引履歴)を取り寄せ、パソコンのエクセルを使って計算できます。

「過払い金」とは、ようは払いすぎてしまった利息のこと。つまり、引き直し計算では「どのくらい利息を払いすぎてしまっているか」を計算していきます。

・10万円未満の場合には20%を超える金利が違反
・10万円~100万円では18%を超える金利が違反
・100万円以上では15%を超える金利が違反

となるため、この違反分の利息でどのくらいお金を支払ってしまったかを計算していくことで、過払い金がいくら発生しているか分かるようになります。

過払い金はなぜ計算しなければならないの?

過払い金がいくら発生しているかを知るためには、どのくらい利息を多く払いすぎていたかの計算をしなければなりません。

「利息を払いすぎていた…」なんてことがあるのか?という点から説明していきましょう。

その昔、出資法という法律がありました。
出資法では「29.2%以下の金利であればOK。29.2%以上は刑事罰の対象」という内容のものでした。そのため、刑事罰にはならない29.2%以下の高金利で貸付けをするカード会社が多数存在していたのです。

しかし、平成18年1月13日の最高裁判所判例により、「利息制限法を超える利息の支払いは全て元本に充当されるものである(出資法は違法)」という判断がなされました。

利息制限法での利息の上限は、(10万円未満の場合には20%まで)(10万円~100万円では18%まで)(100万円以上では15%まで)と決められています。

20%~29.2%間の金利は、利息制限法を飛び越えてしまっている金利であり、グレーソーン金利なんていうあだ名もついています。

このグレーゾーン金利こそが「過払い金」の正体というわけです。

あなたが毎月返済をしていたお金は、多く利息を取られていなければもっと元本へ返済が当たっていたはずです。

もっと元本に返済があたっていたとするとどうなるでしょう?
返済中の人は今より借金の額が少なくなっているでしょうし、完済後の人であればお金を多く払いすぎているでしょう。

この払いすぎている状態、そしてこの払いすぎたお金を計算する必要があるわけです。

自分の過払い金を知るためには、取引履歴を取り寄せて、過払い金の引き直し計算というものをしなければならないというわけです。

過払い金を計算するには、「取引履歴」というものを取得して、「過払い金の引直し計算」というものを行う必要があります。

「グレーソーン金利と過払い金の関係」はこちら
「過払い金とは?」はこちら

過払い金を自分で計算することはできる?

アコムの取引履歴

参照)アコムの取引履歴

取引履歴が到着したら、「引き直し計算シート」に明細を打込み、計算を行っていくことで過払い金の計算ができます。

「過払い金 引き直し計算」「過払い金 利息計算」などのように検索をすれば、すぐにテンプレートは取得可能です。

「引き直し計算」とは、一回の返済ごとに払いすぎてしまった利息を計算して、払いすぎていた利息分は本来その時に元本の返済にあたっていたものとして、その時の元本に充当するという、素人の方には少しややこしい計算のことです。

過払い金の引き直し計算の方法
  • 1
    借入れや返済を行った日付を古い順に入力。
  • 2
    「借入金額」には借りた金額を、「返済額」には支払った金額を入力。
  • 3
    利率は、支払い残の金額に応じて、10万円未満の場合には20%、100万円未満の場合には18%、100万円以上の場合には15%にする。
  • 4
    取り寄せた明細分1~3の事項を入力していけば、過払い金を自動計算してくれます。
自分でやる時間がない場合や自信がない場合は専門家に計算を依頼!

「家族に内緒なので取引履歴が送られるのはまずい…」

「過払い金を計算している時間がない…」

「数字が苦手なので自分で計算をするのは不安…」

このような不安がある場合には、司法書士や弁護士などに過払い金の計算を依頼することもできます。

但し、全ての司法書士事務所や弁護士事務所が対応しているわけではありませんので注意。
また、当センターのように過払い金の計算を無料で行っているところもあれば、「過払い金の計算は有料」というところもありますので注意しましょう。

過払い金が発生する目安とは?

1年間の過払い金の発生目安

過払い金を計算して、どのくらいの金額が発生するのか、その目安を確認してみましょう。

例えば、Bさんが20年前から現在まで29.2%の金利で50万円を借りていたとします。

利息制限法では、50万円のお金を借りる場合には、金利は最大で18%と決められています。
つまり、この29.2%-18%=9.2%分は超過金利です。
この9.2%分の
お金は払いすぎであり、過払い金となるわけです。

・50万円×0.292=14万6,000円(29.2%で1年に支払った利息分のお金)

・50万円×0.18=9万円(18%で1年に支払った利息分のお金)

両者では1年で5万6,000円の差があります。
この5万6000円が払いすぎであり、過払い金です。

1年では、この程度ですが10年も経てば56万円もの差になります。

最終的には返済額全額が過払い金になる

Bさんは現在でも50万円を支払っていますが、10年で56万円もの金額になるなら、10年前にとっくに支払いは終わっていたでしょう。

(実際は、過払い金充当計算という方法でもっと早く支払いはなくなり、5年ぐらいで支払いが0になる方もいます。上の数値は充当計算を行わずに低く見積もった場合の数値です)

本当は10年前に支払いが終わっていたのに、さらにそのあと10年も支払い続けたらどうなるか…そうここからが過払い金のすごいところです。

支払いがとっくに終わっているのに、払い続けたらそれは「全て払い過ぎたお金」です。
そして、支払いがない0円であれば、金利も0円です。

つまり、この時点から29.2%と18%の差額の計算ではなくなり、返済額全額が払いすぎの過払い金となるわけです。

月に15,000円を支払っていたら、この1万5000円全てが払いすぎのお金となり、1年間で15,000円×12ヶ月で年間18万円の過払い金。

10年で18万円×10年=180万円もの過払い金が発生することになるというわけです。

過払い金の発生目安の一例

Aさん(神奈川県横浜市)の場合

アコム:平成11年~平成24年まで・限度額100万円
⇒1社で約160万円の過払い金発生

Bさん(東京都北区)の場合
プロミス:平成16年~平成30年まで・限度額50万円
レイク:平成17年~平成30年まで・限度額50万円
⇒2社で約119万円の過払い金発生

Cさん(静岡県掛川市)の場合
エポス:平成8年~平成28年まで・限度額50万円
セゾン:平成10年~平成28年まで・限度額50万円
ニコス:平成10年~平成25年まで・限度額50万円
⇒3社で260万円の過払い金発生

Dさん(岐阜県大垣市)の場合
CFJ:平成14年~平成23年まで・限度額200万円
⇒1社で約220万円の過払い金発生

Eさん(兵庫県神戸市)の場合
セディナ:平成7年~平成27年まで・限度額50万円
アプラス:平成15年~平成30年まで・元素額100万円
⇒2社で約180万円の過払い金発生

過払い金の計算が不要なケースとは?

パソコンで過払い金の計算を行っている人

過払い金が発生していないことが明らかである場合は過払い金の計算をする必要はありません。

過払い金の計算を必要としない場合とは、ずばり「過払い金が発生していない」「過払い金を請求することができない」といったケースを指します。

つまり、過払い金が発生していないことや請求できないことが明らかな場合、過払い金の対象ではないためその計算をする必要もないということです。

以下のような場合には、過払い金の対象外ですので、過払い金の計算も不要となります。

利息制限法内の金利である場合は過払い金計算は不要

過払い金が発生する金利は、利息制限法を超える金利です。

(利息制限法の金利)
・10万円未満(20%以内)
・10万円以上100万円未満(18%以内)
・100万円以上(15%)

利息制限法ではこのように金利が定められているため、この金利以内のキャッシングの利用であれば、そもそも過払い金は発生していません

過払い金の計算は、過払い金が発生している前提として「いくら発生しているか?」を確認するために行なうものです。過払い金が発生していない以上、計算を行う必要はありません。

キャッシング以外の利用に過払い金計算は不要

過払い金は、車のローンや住宅ローン、ショッピング利用からは発生しません。

つまり、これらの過払い金を計算する必要はありません。過払い金が発生していないからです。過払い金の対象になるのは、「キャッシング」のみなので、キャッシング利用のみ過払い金の計算を行えば大丈夫です。

銀行のカードローンに過払い金計算は不要

お金を借りるキャッシングサービスは銀行でもローンという形で行っていますが、銀行のカードローンは、どんなに古いものでも利息制限法内の金利です。

つまり、過払い金が発生することは100%ありませんので、過払い金の計算は不要です。

完済してから10年以上経っている場合は過払い金の計算は不要

完済してから10年以上が経過していると、過払い金が発生していてもこれを請求することはできません。過払い金の請求できる期限は「完済してから10年」と決まっているためです。

そのため、過払い金が戻ってくることはないため、仮に計算をしても自分の過払い金がいくらあったかを確認できるだけになります。

過払い金の計算は依頼したほうがいい…?

パソコンで過払い金の計算を行っている人

「難しい」「家族に秘密」「自分でやるのはめんどう」という方は専門家に依頼しましょう。

結論としては、司法書士や弁護士などの専門家に過払い金の計算をしてもらったほうが良いでしょう。

仮に、過払い金の計算を自分で行ったとしても、契約内容の確認も必要であったり、法律上の争点があった場合(分断・貸付停止措置・私的和解・遅延損害金の計算)などには、自分で過払い金を計算しても正しい金額の判断というのは、難しいケースがあります。

一方で、専門家に過払い金の計算を依頼した場合には、取引履歴(利用明細)の取寄せをしてもらえることから、過払い金の計算、どのくらいの過払い金が戻ってくる可能性が高いかまで判断してもらえます。

また、前述しましたが、家族に過払い金を秘密のケースには、書類のやり取りや電話のやり取りまで行ってもらえるので、家族に秘密にできる可能性も高いでしょう。

こうした点を考えると、専門家に過払い金の計算を依頼したほうが、早く・安全に正確な過払い金の金額を知ることができるでしょう。

ネットで上にある「過払い金計算機」は正確なの…?

「すぐにあなたの過払い金が分かる!」
「入力するだけであなたの過払い金が判明!」

などをうたい文句にしている過払い金自動計算機。

司法書士事務所や弁護士事務所で、こうした過払い金自動計算機を提供しているところもありますが、正直当たる確率は30%ほどとみておいたほうが無難です。

前述のとおり、過払い金の計算方法は、エクセルの計算シートに(返済)(借入れ)の金額や日付を手作業で一段一段入力していくものです。例えば、毎月3回借りて1回返済するだけでも月に4回、年間48回となります。これが10年あるだけでも480回となるため、480段もの計算を行うわけです。

また、いつ・いくら借りていくら返済したかが一定の人などまずいません。
つまり、全く同じ計算になることなどまずありえないですし、借り入れた金額も返済した金額も分からずに正確な過払い金の金額を出すことは不可能です。

そのため、過払い金自動計算機で算出される過払い金はあくまで一つの目安で考えるとよいでしょう。

専門家の立場から感想を述べると、過払い金計算機は「やたら高く過払い金の発生額を算出している」という感覚はあります。実際はそれを下回る過払い金の方のほうが多かったり、そもそも過払い金が発生していなかったなんてこともありますので、あまり期待しすぎないようにしましょう。

過払い金計算を依頼する場合はどうしたらいい?

取引履歴を既に取得済みの場合
過払い金の計算を行う担当者

まずは、メール相談フォーム又はお電話より「取引履歴を取得しているので過払い金の無料計算を希望」とお伝えください。

内容を確認させて頂いた上、郵送、FAX又はメール添付にて取引履歴をこちらまでご送付ください。

確認後、1週間以内を目安に過払い金計算を行って参ります。

但し、以下のような場合は対応できませんのでご了承ください。

・完済から10年以上が経過。過払い金請求ができない場合。

・過払い金の対象外である場合(利息制限法内の金利である、銀行カードローンの利用であるなど)

・過払い金が発生していた場合に、当センターで請求依頼をなされない場合

取引履歴をまだ取得されていない場合

まずは、過払い金の対象であるか診断を行わせて頂きます。

メール相談フォーム又はお電話より「過払い金の無料診断を希望」とお伝えください。

過払い金の無料診断はお電話で1社あたり3分ほどで完了します。
(利用されていたカード会社・おおよその利用年数と利用時期をお知らせください)

診断の結果、過払い金の発生の可能性がある場合には、過払い金調査の依頼を頂きます。
過払い金調査とは、取引履歴の取寄せと過払い金の計算を行うことです。

過払い金調査は無料で行っておりますので、ご安心下さい。

過払い金を計算するまでの流れ

過払い金計算の流れをご説明します。

取引履歴をすでに取得済みの場合は、取引履歴を郵送やFAX又はメール添付でお送りただければ問題ありません。

ここでは、まだ取引履歴の取得が済んでいない方を対象に、過払い金診断の流れから説明していきます。

過払い金がある?なし?の簡易診断

まずは、メール又はお電話よりお気軽にお問合せ下さい。

お電話の場合には「過払い金の無料診断(相談)を希望」とお伝え頂ければ、その場ですぐに対応が可能です。

まずは、以下の点を、ご記憶の範囲内で問題ありませんのでお伝え下さい。

[カード会社の名前]
[おおよその利用期間]
[最大で借りられた金額]
[一度でも完済したことがあるか]

この4点を伺えれば〝過払い金が発生しているかしていないか〟はその場で判断ができます。

過払い金診断は、早い方であればお電話で3分もあれば診断が可能です。

※平成19年・20年以降に初めてキャッシングを利用された場合には、過払い金の発生はありませんので本サービスの対象外です。

取引履歴の取寄せ&過払い金の計算

過払い金診断を行った結果、「過払い金発生の可能性あり」という診断結果の場合には、過払い金の調査を無料で進めていきます。

この調査は、カード会社から取引履歴というあなたのキャッシングの利用明細を全て取寄せ、過払い金の計算を行うことを指します。

取引履歴の取寄せは、早い会社で1~2週間ほど、遅い会社で2~3ヶ月ほど期間がかかります。(古い取引ほどデータ管理の精度がなかった時代のものなので、時間がかかるケースがあります。)

この取引履歴から、払いすぎたお金を計算することで、過払い金の金額が分かるようになるというわけです。

過払い金の計算結果の報告

過払い金の計算が終わりましたら、計算結果をご報告致します。

調査結果のご報告はお電話、メールなどご希望の方法で可能です。

《過払い金なしの場合》
『過払い金発生なし』の旨とその理由をお知らせし、終了となります。

この場合でも費用などは一切発生しませんのでご安心下さい。

《過払い金ありの場合》
・過払い金が発生していた旨
・過払い金の発生していた金額
・手元に戻ってくると予想される金額
・過払い金の請求を行った場合の費用
・過払い金請求をする場合の注意点
などをお伝えしていきます。

その他の過払い金メニュー

過払い金が発生する目安とは?

過払い金がいくらいぐらい発生するものなのかその目安を解説します。

クレジットカードからも過払い金は発生する?

クレジットカードからも過払い金は発生します。その条件を確認しましょう。

過払い金…依頼をしないで自分で請求できる?

過払い金請求を自分で行ってみようと考えている方はこちらをご参考下さい。

本サイトの執筆者

山口 広樹

神奈川県横浜市出身。
司法書士・行政書士14年目。
かながわ総合法務事務所の代表。
過払い金や債務整理を専門分野として、5000名以上の事案を解決。

・司法書士(神奈川県会2376号)
・行政書士(神奈川県会4407号)

ご相談・依頼はこちら

無料相談専用のフリーダイヤル

0120-631-625

(平日)9時〜20時(土日)10時~16時
※日曜日は相談予約の受付のみ

  • すぐに電話で対応可能です!
  • 電話・メール共に問合せ無料!
  • 全国対応!お気軽にどうぞ!
  • ご家族に秘密の方もお任せを!

過払い金を確かめよう!

過払い金の3分診断
過払い金の無料診断

「過払い金のある?ない?」
「いくら過払い金がある?」
をその場ですぐに診断します!

0120-631-625

サイドメニュー

運営事務所概要

  • 司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27
    東武立野ビル1F
    (横浜駅より徒歩8分)
  • TEL:045-328-1280