リスクのない過払い金請求をご提供します!

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)
運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所

受付時間:平日9時~20時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で過払い金の調査
無料相談の実績は1万名以上
過払い金の無料相談はこちらから
0120-631-625

(示談)過払い金請求の手続きの流れ

平均で6か月前後の期間が必要!

「過払い金が戻ってくるまでの流れは?」
「過払い金はどうやって戻ってくるの?」

このページでは、過払い金を請求してからその返還を受ける(過払い金を受取る)までの流れを説明します。

過払い金は、自動的には戻ってきません。

カード会社に「請求」を行って、初めて戻ってくるものなのです。

その過払い金の請求の方法としては、①示談するか②裁判をするかの大きく2つに分かれます。

戻ってくる過払い金の金額や手続きにかかる期間は、示談にするか、裁判を行って進めていくかによっても、その内容は変わります。

このページでは、示談で過払い金請求を行う場合の手続きの流れを、解説していきます。

過払い金が戻ってくるまでの流れ

裁判を行わずに、話し合いで過払い金を解決する方法を「示談(和解)」と言います。

当センターで、示談で過払い金を請求する場合の流れをご説明します。

過払い金の診断

まずは、メール又はお電話よりお問合せ下さい。

お電話の場合には「過払い金の無料診断や相談を希望」とお伝え頂ければ、すぐに対応が可能です。

以下の点を、ご記憶の範囲内でお伝え下さい。

・過払い金を検討しているカード会社の名前
・利用したおおよその期間
・最大で借りられた金額
・完済したことがあるか

この4点から〝過払い金が発生しているかしていないか〟は3分ほどで判断が可能です。

取引履歴の取寄せと過払い金の計算

過払い金診断の結果、「過払い金発生の可能性あり」という場合には、過払い金の調査を進めていきます。

その調査方法は、カード会社から取引履歴という利用明細を取り寄せます。

この取引履歴に、「いつからいつまでキャッシングを利用していたか」「どのくらいの金額を利用していたか」などが全て記録されています。

そして、これを元に、払いすぎたお金を計算すると、過払い金が発生しているか?発生しているなら金額はいくらか?など、具体的な内容が分かるようになります。

過払い金の調査報告へ

過払い金の調査が終わりましたら、その結果をご依頼人に報告致します。

★過払い金なしの場合
『過払い金発生なし』の旨とその理由をお知らせし、終了となります。
この場合でも費用などは一切発生しません
のでご安心下さい。

★過払い金ありの場合
・過払い金の発生していた金額
・手元に戻ってくると予想される金額
・過払い金の請求を行った場合の費用
・過払い金請求をする場合の注意点
などをお伝えしていきます。

過払い金の請求書を送付

カード会社へ過払い金の請求書を送付します。

先方がこれを受け取ったら、当センターに連絡があり、交渉がスタートするという流れです。

金額を高めに希望すると、返還時期はすこしずらして欲しいという要望があり、金額を妥協すれば返還時期のスピードは上がります。

示談の交渉

利用内容に争いがなければスムーズに進みますが、争いがある場合には交渉にも時間を要します。

争いがある場合とは、利用途中に完済がある場合や途中でカードを解約している場合、カードの利用停止などが行われている場合です。

なお、過払い金の返還期間は、和解締結(示談成立)から2ヶ月~4ヶ月後が一般的ですが、長いカード会社では10ヶ月~12ヶ月近くの会社などもあります。

返還日はカード会社の資金力が影響していきますので、資金力のある会社は返還日は早くなりますし、資金力がない会社は遅くなります。

示談成立・待期期間

過払い金の金額・戻ってくる期間に双方が納得いく内容となったら、示談成立です。

示談が成立しましたら、「金100万円を令和3年8月31日返還」のように、和解書という書面を作成し、その内容を確保していきます。

過払い金の入金は、和解時に定められた返還日までに弊所の預かり金口座へ入金があります。

※入金が早い会社で返還日の2週間ほど前に、遅い会社でぴったりの日付に入金があります。入金があるまでは、いったん待期期間となります。

(終了)過払い金の返金

預り金口座への入金が確認できましたら、ご依頼者指定のお口座に、当センターの費用を控除してご返金を行わせて頂きます。

ご返金は即日または翌日までには行っております。

ご返金完了後、和解に関する書類や当センターの費用の領収書をお渡しさせて頂き終了となります。

関係書類はご来所・郵送・メール添付などいずれの方法でも可能です。

示談と裁判はどちらのほうがいいの?

金額重視なら「裁判」、スピ―ド重視なら「示談」というのが一番分かりやすい表現かもしれません。

裁判では、過払い金全額+利息を含んだ金額を請求するので、基本的には、示談より大きな過払い金が戻ってきます。

但し、裁判はすぐに終わるものではないので、どうしても時間はかかるというわけです。

また、過払い金請求を行ったことを、裁判所の記録に残したくない…という方もいるでしょう。

こうしたデメリットは視野に入れなければなりません。

反対に、示談の場合には、裁判所の手続きをとらない分、時間は短縮できます。
そして、裁判所の記録に残ることもありません。
ただし、戻ってくる金額は、過払い金の利息はもちろんのこと、100%全額が持ってくるという期待もなかなか難しいのが現状です。

「家族に秘密だから裁判はしたくない…」
「焦ってないので裁判で多くの金額が戻ってきて欲しい」
「この金額もらえるなら示談。それ以下なら裁判にしたい」

など、依頼人一人一人のご事情によっても、裁判がいいか?示談がいいかは異なるというわけです。

示談と裁判の比較

  示談で解決 裁判で解決
戻ってくる金額 50~90%の金額 100%+過払い利息
手続きの期間 2~4か月が平均 5~8か月が平均
利息の請求の有無 なし あり
裁判所への個人情報提出 なし

あり(名前や住所

裁判所への出廷 なし なし(司法書士や弁護士が出廷)
裁判所とのやり取り なし なし(司法書士や弁護士がやりとり)
税務署への申告 なし 20万円以上の利息を受け取った場合
役所への申告 なし なし
「裁判と示談…過払い金請求はどちらがいい?」はこちら

過払い金が戻ってくるまでの期間はどのくらい?

過払い金が戻ってくるまでの期間を解説する司法書士

「過払い金が戻ってくるまでの期間は?」
「何ヶ月ぐらいの期間が過払い金請求には必要?」

過払い金請求をスタートして、実際に手元にお金が戻ってくるまでにどのくらいの期間が必要になるか確認していきましょう。

過払い金が戻ってくるまでの期間は、下記の内容によっても変わっていきます。

・カード会社毎に異なる(遅い会社と早い会社がある)
・利用内容に争点があるか?ないか?による

一般的には、過払い金の調査を開始してから早い会社で3か月ほど、平均で4~7か月ほどの期間で過払い金が戻ってくるイメージです。

中には、オリコやポケットカードのように、過払い金返還期間が長いカード会社もあり、こうした会社の場合には、1年程度の期間を要する場合もあります。

最終更新日:2021年10月3日

本サイトの執筆者

山口 広樹

横浜市出身。司法書士・行政書士14年目。
かながわ総合法務事務所の代表。
過払い金や債務整理を専門分野として、5000名以上の事案を解決。

・司法書士(神奈川県会2376号)
司法書士会の会員ページへ

・行政書士(神奈川県会4407号)
行政書士会の会員検索ページへ

ご相談・依頼はこちら

無料相談専用のフリーダイヤル

0120-631-625

(平日)9時〜20時(土日)10時~16時
※日曜日は相談予約の受付のみ

  • すぐに電話で対応可能です!
  • 電話・メール共に問合せ無料!
  • 全国対応!お気軽にどうぞ!
  • ご家族に秘密の方もお任せを!

過払い金を確かめよう!

過払い金の3分診断
過払い金の無料診断

「過払い金ある?ない?」
「いくら過払い金がある?」
をその場ですぐに診断します!

0120-631-625

サイドメニュー

運営事務所概要

  • 司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27
    東武立野ビル1F
    (横浜駅より徒歩8分)
  • TEL:045-328-1280