「過払い金の請求…まだ行っていませんか?」過払い金無料相談センターにお任せ下さい!

過払い金の相談・計算・調査全て無料。リスクのない過払い金請求を提案!

過払い金無料相談センター《東京・横浜》

【横浜相談センター】
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)

【東京相談センター】
東京都渋谷区神南1-15-3 神南プラザビル504号
(渋谷駅ハチ公口より徒歩8分。宇田川町信号の前)

受付時間:平日9時~21時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で無料相談!

無料相談実績1万名以上

過払い金の無料相談はこちらから

0120-631-625

過払い金の無料診断

過払い金が多く発生する条件とは?
ー過払い金対象者と過払い金が大きく発生するための条件

「過払い金が多く発生する条件って…?」

「自分は過払い金対象者なの…?」

過払い金請求をする前に、まずは自分が過払い金の対象者なのか、そして過払い金が発生するために必要な条件というものを確認してみましょう。

過払い金が発生するためには、いくつかの条件を満たしている必要があり、消費者金融やクレジット会社のカードを利用していれば、誰でも過払い金が発生するというわけではありません。また、過払い金はキャッシングの利用分から発生するものなので、どんなに古くからカードを利用していても、それがショッピングの利用であれば、過払い金は発生しません。

そして、過払い金が発生するにしても、多く発生する人と少ししか発生しなかったという人もいます。その差は《利用限度額(最大利用額)》《利用年数》に加え、完済している時期や返済の仕方によっても変わっていきます。

また、仮に、過払い金対象者であったとしても、過払い金が請求できる期限内に請求しなければ、過払い金は戻ってこなくなってしまうので注意しましょう。

まずは、過払い金対象者に必要な条件を確認し、過払い金が多く発生するも確認していきましょう。

過払い金が発生する場合はどんな場合…?

①利息制限法を超える金利で支払いをしていたこと

過払い金が発生するためには、利息制限法という法律で決められた金利を超えている必要があります。

★10万円未満の借入れ:20%まで
★10万円以上~100万円未満:18%まで
★100万円以上:15%まで

上記が利息制限法で定められている金利です。例えば、プロミスから50万円を借りていて、金利が23%や25%であった場合には、〝18%まで〟という利息制限法の金利を超えているため、「違法な金利=過払い金発生」となるわけです。

「キャッシングをしていたときの金利なんて覚えていないしなぁ…」
なんて心配が頭をよぎるかもしれませんが、覚えている人などほぼ100%いませんので、大丈夫です。過去の利用明細を取り寄せれば、その当時の金利は分かります。利用明細は、自分で直接取り寄せることもできますし、当センターが代理で取り寄せることもできます。

なお、平成20年以降はどこのカード会社も、利息制限法にのっとった金利で貸し付けをするようになったため、平成20年以降に初めてカードを利用されている場合には、「適正な金利=過払い金発生なし」となるので、利用明細を取り寄せるまでもありません。

②過払い金の発生するカードとそうでないカードがある

過払い金が全く発生しないカード会社というのもあります。こういったカード会社は、利息制限法内で貸し付けをしていたので、20年前であろうが30年前であろうが、過払い金は発生しません

代表的な例が、モビットや三菱東京UFJカード、三井住友カードなどいわゆる銀行系のカード会社です。

また、銀行のカードローンからも過払い金は発生しませんので、スター銀行のおまとめローンや三井住友銀行のカードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンなどからも過払い金は発生しません。

また、JCBなどは、リボ払いからは過払い金は発生しませんが一回払いからは過払い金は発生するものの過払い金が数万円などの少額のケースが多いこと、オリックスクレジットやジャックスでは、20年以上前などのかなり古い持期であれば、過払い金は発生することがありますが(それでも発生するケースのほうが珍しい)、それ以外は過払い金の発生がなかったりと、特殊なケースも見られます。

過払い金があっても期限をすぎたらアウト

過払い金にも請求できる期限があります。例えば、税金などの還付をできる期限が決められているように、法律で認められた権利には全て期間が定められているのです。

過払い金を請求できる期間は、
〝支払いが全て終わった日から10年以内〟

と決められています。

例えば、セゾンのキャッシングを2010年8月に完済したKさんであれば2020年8月までが過払い金の請求できる期限というわけです。セゾンのショッピングを2010年以降利用していたとしても変わりませんので注意しましょう。

「過払い金対象者であること」そして「過払い金を請求できる期限内であること」、この2つの条件を満たして、初めて過払い金があなたの手元に戻ってきます。

過払い金が多く発生する条件とは…?

「アコムで15年キャッシングを使っていますがどのくらい過払い金がありますか?」

例えば、こんなご質問を受けることもあります。

「過払い金は10年取引があればみな50万円発生」
というものではなく、どのくらい発生するかはかなりの個人差があります

このようなご質問に回答するとしたら、「30万円の過払い金の方もいれば500万円近い過払い金の方もいますよ」という回答になってしまいます。

〝ではどんな場合に過払い金が多く発生するのか?〟

その条件をこれから解説していきます。

限度額(利用額)が大きいこと

MAX200万の限度額で10年利用あれば200万~400万円ほどの過払い金があります

キャッシングの最小枠である10万円の借入額では、利息も小さな金額です。
そのため、過払い金も小さな金額しか発生しません。

限度額が大きいということは、それだけ多くのお金を借りられるということであり、それだけ大きな利息を支払っているということになるわけです。

つまり、「多く借りる」→「多く返すものがある」→「多く利息を払っている」→「多く過払い金が発生する」という構図になるわけです。

そのため、アコムやプロミスなどの消費者金融で、限度額が150万円や200万円の方は、200万円~500万円近くの過払い金が出ることも全く珍しくはありません。

反対に限度額が10万円のものは、ある程度長い取引がでも数万円がいいところのため、一般的には、30万円以上の限度額から過払い請求は費用対効果を得られるものと言えます。

完済している時期が昔であるほど多く発生

昔の金利の方がより高利であることも
過払い金が大きくなることの一つです。

平成20年以降は、グレーゾーン金利(過払い金がでる高額な金利)は撤廃されておりますので、より昔に完済している場合の方が[同じ年数][同じ借入額]であっても過払い金は発生します。

例えば、
Aさん(プロミス・限度額50万・平成11年~26年) 

Bさん(プロミス・限度額50万・平成3年~18年) 

AさんとBさんは[同じ会社][同じ借入額][同じ年数]ですが、Bさんのほうが圧倒的に過払い金が発生していました。

それはなぜでしょうか?

Bさんの15年間は完全に違法な利息な期間での返済であり、Aさんの場合は法定利息になった期間も含まれた15年間だからです。

昔であればあるほど金利は高利であるため、同じ利用年数であってもより古くから利用があるほうが過払い金は多く発生するわけです。

利用期間に空白がないこと(継続的な利用)

取引期間に空白があることを「分断」、
空白がないことを「一連」といいます。

過払い金は、キャッシングを利用している途中に空白の期間(利用を行っていない期間)が無いほうがたくさん発生します。

例えば、
Aさん(アコム・限度額50万円・平成7年~13年 
平成
15年~22年) 

Bさん(アコム・限度額50万・平成7年~22年)

という同じ平成7年から平成22年の間の使用であっても、途中に完済しているかそうでないかは過払い金の発生額が大きく変わっていきます。

Aさんの場合には、13年でいったん解約しカードを破棄している状態であったため、平成13年までの取引が時効にかかってしまい、結果、過払い金として請求できたのは平成15年~平成22年の7年分でした。

Bさんの場合には、一度も完済することなく15年間使用していたため、過払い金が時効にかかることもなく15年分請求できました。

年数だけ見ても、両者の取引の期間は7年と15年になるので、必然的に2倍以上の金額で過払い金も変わっていきます。

自転車操業での支払いであったこと

消費者金融間での自転車操業は
特に多くの過払い金が発生します。

複数の会社から「借りて返して」を繰り返していると、自分の持っているお金以上の金額が支払いに動いていきます。

例えば、Hさんがアコム・プロミス・レイクのカードを持っているとします。手持ちの現金からでは支払日に払えないので、アコムの支払いはプロミスから、プロミスの支払いはレイクから、レイクの支払いはアコムから借りて行っているとすると、実際手元から支出している金額はなくても、「たくさん借りてたくさん返している」という現象になっているわけです。

他のカードからお金を借りてそれをそのまま返すという方法をとっても、利息分はとられている以上、同じ結論なわけです。

過払い金とは「払い過ぎたもの(お金)」です。

そのため、多く借りるから多く支払うのであり、多く支払った結果、過払い金も多く発生するという単純な理論になるわけです。そのため、複数のカードを利用して自転車操業になっていたケースのほうが過払い金は多く発生するのです。

利息にしか支払いが入っていない状態

10年や20年の長い間、支払いに苦しんでいた方ほど過払い金が発生します。

「利息分ぐらいしか支払えてなかったんですけど…過払い金は発生しますか?」

こんなご相談を受けることもあります。

昔の違法利息の時代には、15000円支払っても12000円は利息というのが当たり前だった時代です。
これでは、月に
3000円しか元金が減らないので、年間36,000円しか減りません。

そして、1年のうちに34万円程度(もしくはそれ以上)キャッシングを行うのは一般的であるため、常に限度額いっぱいの状態なわけです。

このような場合には、汚い表現になってしまいますが「利息に食われている」という状態のため、いくら払っても減らない分、払い過ぎの利息は溜まっているわけです。

こういった状態で10年近く支払いがあった方は概して過払い金がたくさん発生します。

その他の過払い金についてのページ

過払い金請求を行った場合のリスクとは?

「過払い金請求を行うとどんなリスクがあるの?」と心配な方はこちらから。

いくらぐらいの過払い金が発生するかの目安は?

「過払い金っていくらぐらい発生するもの…?」と目安を知りたい方はこちらから。

過払い金の計算はどのように行うの?

「過払い金を知るための計算はどのように行えばいいの?」という方はこちら。

過払い金の無料相談はこちらから

過払い金の相談を受ける司法書士

お電話でのお問合せはフリーダイヤルから

0120-631-625

[平日]受付時間:9:00~21:00
[土曜]受付時間:10:00~16:00
[定休日]日曜・祝祭日

ご相談は無料です。まずはお気軽にお問合せ下さい

面談相談をご希望の方はご予約頂き、下記までご来社下さい

★横浜相談センター(橫浜駅より徒歩8分)
 →アクセスマップはこちら

★東京相談センター(渋谷駅より徒歩8分)
 →アクセスマップはこちら

過払い金を確かめよう!!

過払い金の3分診断

過払い金の3分診断
〝過払い金のある?なし?〟
〝どれぐらい過払金がある?〟
をその場ですぐに診断します!

無料相談フリーダイヤル

0120-631-625

横浜店へのアクセス

東京店へのアクセス

サイドメニュー

運営事務所概要

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27東武立野ビル1F
    TEL:045-328-1280
  • 渋谷区神南1-15-3
    神南プラザビル504号
    TEL:03-6455-3042

横浜店:045-328-1280
東京店:03-6455-2925