リスクのない過払い金請求をご提供します!

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)
運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所

受付時間:平日9時~20時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で過払い金の調査
無料相談の実績は1万名以上
過払い金の無料相談はこちらから
0120-631-625

プロミスの過払い金(2021年)

SMBCコンシューマーファイナンスに請求できる
プロミスの看板

プロミスでは「PALカード」、その後「PROMISEカード」を発行していました。

これらのカードは、最大25.55%という高金利だったため、過払い金発生の可能性が高いと言えます。

時期的には、2007年12月18日までにプロミスを利用していた場合です

また、三洋信販(ポケットバンク)や、クラヴィス(旧タンポート・旧クオーク)からプロミスに契約切替えされた場合も、プロミス(現SMBCコンシューマーファイナンス)に過払い金が請求できます。

プロミスを10年近く利用していれば、100万円以上の過払い金発生も珍しいものではありません。

また、示談(裁判なし)でも、発生した過払い金の70%~80%は戻ってきますので、条件に該当する場合には、過払い金の請求を検討してみましょう。

三洋信販(ポケットバンク)の過払い金はこちら

過払い金が発生する人・しない人

SMBCコンシューマーに過払い金請求できる人

2007年12月18日以前からプロミスでキャッシングを利用していた場合。

2007年6月頃までに三洋信販(ポケットバンク)でキャッシングを利用していた場合。

※この日以前なら、20年、30年前からの利用でも過払い金が発生する可能性は高いと言えます。

・クラヴィスを利用していて、プロミスに契約切替された場合。

過払い金が請求できない場合

・2007年12月18日以降に初めてプロミスを利用した場合。

・2007年7月以降に三洋信販を初めて利用した場合。

・アットローンを利用していた場合。

・プロミスJCBカードのショッピングしか利用していない場合。

過払い金の発生するプロミスのカードの一例

以下のプロミスのカードを使用していた場合には、過払い金発生の可能性があります。

現在プロミスのカードを持っていない場合や、契約書や明細が残っていない場合でも、プロミスへ過払い金請求は可能ですのでご安心下さい。

過払い金があるかどうやって分かる?

プロミスの取引履歴

例)プロミスの取引履歴

過払い金は、取引履歴を元に、払いすぎたお金(利息)を計算することで分かります。

まずは、プロミスから利用明細(取引履歴)を取り寄せることになりますが、これは、郵送かプロミスの有人店舗で取得可能です。

取引履歴を取得したら、まずは金利の確認です。

プロミスの場合には、取引履歴の最終ページに金利が記載されていますので、20%台の金利であったか確認します。

20%台の金利なら過払い金が発生していますので、金額としていくら発生しているか計算を行うという流れです。

この取引履歴の取寄せや過払い金の計算は、当センターで無料サービスとして行っていますので、ご希望の場合にはお気軽にお問合せ下さい。

しかし、「まずは自分で取引履歴を取寄せたい」という場合には、プロミスへ連絡をして取得することも可能です。

いくらぐらい過払い金が発生する?

過払い金の発生金額は1人1人違う

過払い金の発生する金額は、それぞれの利用状況によっても違います。

例えば、利用額100万円のAさんとBさんがいるとします。

2人とも、平成15年から平成25年まで同じようにプロミスを利用しても、Aさんは130万円の過払い金が発生、Bさんは51万円の過払い金の発生でした。

このような差が生まれる理由は、同じ限度額でも、実際の利用額に差があるからです。

例えば、同じ100万円でも10年の間に100万円利用した方もいれば、借りて返してを多く繰り返して、100万円の限度額内で200万円利用した方もいるからです。

100万円より200万円利用していたほうが、「多く返済するお金があった」わけです。

多く払うということは、多く利息も払うということになるので、その結果、過払い金も多く発生するということになるのです。

プロミスから発生した過払い金の目安

・1996年~2013年で限度額100万円→280万円の過払い金発生

・2005年~2017年で限度額50万円→72万円の過払い金発生

・2002年~2008年で限度額50万円→52万円の過払い金発生

・2000年~2011年で限度額200万円→212万円の過払い金発生

・1998年~2018年で限度額150万円→342万円の過払い金発生

プロミスから戻ってくる過払い金の目安

示談にするか裁判にするかで異なる!

消費者金融の中では、過払い金の返還金額としても、期間の早さも優れています。

裁判なしで過払い金の全額返還というのは難しいですが、発生している過払い金の70%~90%の水準の金額は3ヶ月前後で戻ってくる目安です。

「プロミスから過払い金全額は戻ってこないの…?」という点については、示談(裁判をしない)ではかなり難しいのが現状です。

しかし、裁判を行えば過払い金全額+@で利息部分のお金も取戻すことができます。

プロミスの過払い金の返還目安

  スピード返還(示談) 金額重視(裁判)
返還金額の目安 70%~90% 100%+利息
返還期間の目安 2~4か月 5~7か月

※利用内容に争点がある場合には、返還割合や返還期間は変わっていきます。

※利息とは過払い金から発生する利息のことです。
裁判上で認められれば、利息も含まれた金額が戻ってきます。

プロミスの過払い金請求の注意点!

ブラックリストに注意

プロミスへ過払い金請求を行う場合の注意点は、他にプロミス系列のカードを持っていないか?という点です。

例えば、完済したポケットバンクへ過払い金請求をする場合に、返済中のプロミスやアットローンのカードがあると、そのカードも一緒に整理されてしまいます。

そして、「ポケットバンクの過払い金」より「プロミスの支払い残(又はアットローンの支払い残)」が多い場合には、ブラックリストになります。

このようなケースでは、過払い金がどのくらい発生しているかということを、よく検討してからでないと、ブラックリストになることがあるため、注意が必要です。

なお、プロミスは完済、三井住友銀行に借入があるという場合には、プロミスの過払い金を請求しても、三井住友銀行に影響がでることはありませんので、ご安心下さい。

過払い金の時効に注意

過払い金の請求には、請求できる期限があるので注意が必要です。

これは、民法の時効という考えに基づくもので、「完済時から10年以内」と決められています。

もし、完済したことはないということであれば、まだ請求期限は始まっていませんが、返済中であっても、過去に1度や2度完済している場合には、その完済時期も意識しなければなりません。

途中完済の状況次第で、それまでの過払い金が時効によってなくなってしまうケースもあります。

プロミスに過払い金を請求した事例

示談で175万円の過払い金返還

Mさん(横浜市金沢区・46歳)の場合

・過払い金発生額:190万9127円
・プロミス提示額:152万円(発生額の約80%)
・和解金額:175万円(発生額の92%程度)
・手続き期間:4ヶ月半

Mさんは、30歳頃にプロミスとポケットバンク(旧 三洋信販)の利用を開始。

限度額は50万円からスタートし、プロミスは最大で100万円になりました。

調査した結果、プロミス:117万円、ポケットバンク:74万円の過払い金が発生。

Mさんは「裁判はしないで示談でできるだけ多くの金額を返還してもらいたい」という希望。

結果的には、過払い金発生額の92%の175万円の2ヶ月後で和解成立となりました。

示談で50万円の過払い金返還

Iさん(埼玉県大宮市・48歳)の場合

・過払い金発生額:63万2040円
・プロミス提示額:50万円(発生額の約80%)
・和解金額:50万円(発生額の80%程度)
・手続き期間:3ヶ月

Iさんは、33歳にプロミスのカードを作成。利用額は完済まで50万円でした。

「家族に秘密だし裁判はしたくない。元々ないものだと思ってたのでスピード解決したい」という希望でした。

結果、過払い金発生額の80%の50万円・翌月返還で和解成立となりました。

裁判で170万円の過払い金返還

Eさん(東京都杉並区・38歳)の場合

・過払い金発生額:137万8201円
・過払い金利息額:36万4024円
・プロミス提示額:125万円(発生額の91%程度)
・裁判での確定額:170万円(発生額の100%+利息)

Eさんは、20歳頃からにプロミスカードを作成し、10年ほど利用していました。

「時間はかかっても良いのでなるべく多く戻ってくれば」という希望のため裁判へ。

2度目の裁判前に訴外和解が成立し、プロミスから170万円の返還を受けることができました。

プロミスの過払い金請求の流れ

無料診断~過払い金が戻ってくるまでの流れをご説明いたします。

過払い金の診断

プロミスを、利用されていた際の状況を伺っていきます。

ご記憶の範囲内で問題ありませんので、下記の内容をお知らせください。

・支払い中?支払いは終わっている?
・どのくらいの期間利用していたか?
・MAXでどのくらいの金額があったか?
・途中で完済したことなどはあったか?

上記の内容で、過去のプロミスの調査結果からどのくらいの過払い金が発生しているかの目安を算出致します。

過払い金の調査

過払い金の調査とは、プロミスから取引履歴を取寄せ、過払い金の計算を行うことです。

当センターからプロミスへ過払い金の調査を行う場合には、
・委任状(弊所にて用意)
・身分証明書の写し(運転免許証・保険証など)
が必要になります。

取引履歴とはプロミスの利用明細のことで、おおむね1週間~1ヶ月の間にはプロミスから提出されます。

この後、過払い金の計算を行い、過払い金がいくら発生しているか調べるわけです。

調査結果のご報告

過払い金の調査が終わりましたら、過払い金が発生しているか、そうでないかを問わず、こちらからご連絡致します。

過払い金が発生していた場合には、
・どのくらいの金額が発生しているか
・請求する上での注意点

などの概要をお伝えします。

そして、過払い金の請求を示談で進めるか、裁判で進めるかなどの方針を調整していきます。

残念ながら過払い金が発生していなかった場合には、ここで終了です。
過払い金が発生していなかった場合でも調査費用は発生しませんのでご安心下さい。

過払い金請求の方針調整

プロミスから過払い金返還を求める方法を調整していきます。

①スピード解決プラン
過払い金の70%ぐらいの金額(100万円の内70万円など)であれば、1~2ヶ月で解決可能。

②通常プラン
75%~90%ぐらいの金額で和解を目指します。
2~4ヶ月ほどで解決が可能です。

③金額重視プラン
裁判を行って過払い金全額+過払い金から発生する利息も含んだ金額の返還を目指していきます。訴えを起こしてから入金までの期間は半年以上はかかることが多いです。

ご希望のプランを選択して頂き、過払い金の解決を行っていきます。

和解~過払い金の返金

プロミスと、示談又は裁判で合意すると、過払い金の入金を待つ期間に入ります。

例えば、令和3年2月27日に和解をした場合、〝令和3年6月30日に金100万円を返還〟などと契約書で定めていきます。

この場合で、4ヶ月ほどの入金待ちの期間となるわけです。

プロミスから過払い金の入金が確認できましたら、過払い金から諸手数料を控除した金額をご返金いたします。

こちらで無事手続きは終了です。

最終更新日:2021年11月23日

本サイトの執筆者

山口 広樹

横浜市出身。司法書士・行政書士14年目。
かながわ総合法務事務所の代表。
過払い金や債務整理を専門分野として、5000名以上の事案を解決。

・司法書士(神奈川県会2376号)
司法書士会の会員ページへ

・行政書士(神奈川県会4407号)
行政書士会の会員検索ページへ

ご相談・依頼はこちら

無料相談専用のフリーダイヤル

0120-631-625

(平日)9時〜20時(土日)10時~16時
※日曜日は相談予約の受付のみ

  • すぐに電話で対応可能です!
  • 電話・メール共に問合せ無料!
  • 全国対応!お気軽にどうぞ!
  • ご家族に秘密の方もお任せを!

過払い金を確かめよう!

過払い金の3分診断
過払い金の無料診断

「過払い金ある?ない?」
「いくら過払い金がある?」
をその場ですぐに診断します!

0120-631-625

サイドメニュー

運営事務所概要

  • 司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27
    東武立野ビル1F
    (横浜駅より徒歩8分)
  • TEL:045-328-1280