リスクのない過払い金請求をご提供します!

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)
運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所

受付時間:平日9時~20時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で過払い金の調査
無料相談の実績は1万名以上
過払い金の無料相談はこちらから
0120-631-625
2022/06/06更新

安い過払い金の成功報酬は何%?費用の相場を比較!

「過払い金の費用の相場は?」
「安い成功報酬ってどのくらい?」

過払い金請求の費用の1つに、成功報酬があります。

これは「過払い金の返還に成功した場合に発生する報酬」のことです。逆に言うと、過払い金が戻ってこなければ、この報酬は発生しません。

成功報酬は1番大きな費用となるため、この理解を深めることは重要です。

成功報酬の相場は、インターネットで検索してみれば分かると思いますが、返還される過払い金の15%「安い」、18%「普通」、20%「高い」というのが、1つの目安です。

安い費用で過払い金請求ができると、より多くのお金を手元に残すことができます。過払い金の費用の相場や、安い・普通・高いの比較などを確認してみましょう

過払い金の成功報酬とは?

過払い金の成功報酬とは「過払い金が戻ってきた場合に発生する報酬のこと」を指します。

過払い金請求を、司法書士や弁護士に依頼する場合には、どの事務所でも、この成功報酬が発生します。

例えば、アコムに過払い金請求を行い、実際に80万円の過払い金が戻ってきた場合で説明します。

当センターでは、この80万円に15%の成功報酬を頂戴しています。

80万円×15%の12万円が発生。

消費税が加算され、12万円×10%の13万2000円がトータル金額です。

この成功報酬の○○%は依頼先によって違うため、「依頼する事務所で成功報酬は変わる」という点も、しっかり抑えておきましょう。

成功報酬で費用はどのくらい変わる?

過払い金の成功報酬の相場

「過払い金の成功報酬の相場は?」
「15%と20%の成功報酬の違いは?」

・安い…15%
・普通…18%
・高い…20%

というのが、2022年現在の過払い金成功報酬の相場です(裁判を行わずに示談交渉で解決した場合)。

過払い金請求が激増した2006、2007年頃では、成功報酬20%が普通、18%が安い時代でした。

現在では、CMなどを行っている広告事務所では、変わらず20%のままです。

しかし、それ以外の事務所では、18%の成功報酬も多くなっています。(ホームページを検索して、各事務所の費用欄を確認してみました)

そして、15%の事務所はごく少数のため、この15%から安い成功報酬の部類になると思います。

過払い金が100万円戻ってきた場合で、成功報酬の差を確認してみましょう。

過払い金100万円の成功報酬の比較

成功報酬の% 成功報酬(税込) 成功報酬を除いた額
15%(安い)

16万5000円

83万5000円

18%(普通)

19万8000円

80万2000円
20%(高い)

22万円

78万円

過払い金300万円の成功報酬の比較

成功報酬の% 成功報酬(税込) 成功報酬を除いた額
15%(安い)

49万5000円

250万5000円

18%(普通)

59万4000円

240万6000円
20%(高い)

66万円

234万円

過払い金が戻らなければ成功報酬はなし

「過払い金が戻ってこない場合の成功報酬は?」

過払い金が戻ってこなかった場合に、成功報酬はどうなるのか?ご心配の方もいるでしょう。

過払い金が戻ってこないとは、以下のような場合です。

・そもそも過払い金が発生していなかった場合
・発生はしていたが、過払い金請求が実らなかった場合

過払い金の返還に「成功した」場合に発生する報酬が成功報酬であり、過払い金が戻らなければ、成功報酬も発生しないという認識で大丈夫です。

成功報酬は「戻ってきた過払い金」に○○%を乗じた金額であるため、戻ってくる過払い金が0円なら、何%を乗じても成功報酬は0円です。

これは当センターに限らず、どこの事務所でも同じ考え方ですのでご安心下さい。

ただし、「成功報酬が発生しない場合には、別途報酬金○○円を頂戴します」などの文言がないか、依頼をする際には確認されたほうが良いでしょう。

成功報酬以外の過払い金の費用は?

成功報酬以外の固定費用にはどんなものがある?

過払い金請求では、成功報酬以外の費用もあります。

例としては、着手金や基本報酬、事務手数料や解決報酬金といったものです。

こうした費用は、いわゆる固定報酬と言われ、成功報酬のように%で変動するものではなく、1社につき○○万円のように費用が決まっています。

基本報酬とは、カード会社1社あたりの固定費用で、1社あたり2万円~3万円ほどですが、高いところになると1社5万円ほどのところもあります。事務手数料とは、過払い金請求の事務を進める上で発生する報酬で、基本報酬と意味合いはそんなに変わりません。

最後に解決報酬金ですが、これは成功報酬の固定バージョンです。過払い金請求が解決した場合に、成功報酬とは別にその解決した報酬として発生する報酬です。解決報酬金も、過払い金が実際に戻ってこない限りは発生はしない費用です。

なお、「成功報酬のみ」で固定費用が発生しない事務所もあり、こうした事務所の費用が一番シンプルで分かりやすいかもしれません。

過払い金費用の安い・高いを見極めるポイントは?

トータルの費用が安い・高いは成功報酬だけでは決められませんが、20%の成功報酬で固定費用が発生すると、相場よりも明らかに高くなると言ってよいでしょう。

なお、裁判(訴訟)を行うと、この成功報酬が増額されるのが一般的です。

一般的なケースとしては、成功報酬に+5%ほど加算されます。

つまり、15%の成功報酬なら裁判の場合は20%、20%の成功報酬なら裁判の場合は25%というイメージです。

裁判報酬が安い事務所は、「交渉でも裁判でも一律○○%の成功報酬」という場合です。

反対に、「交渉は15%・裁判は23%」「交渉は18%・裁判は25%」のように、裁判報酬が5%を超えるところは、裁判での成功報酬が高いところです。

なお、「成功報酬のみ」で固定費用が発生しない事務所もあり、こうした事務所の費用は一番シンプルで分かりやすいかもしれません。

過払い金無料相談センターの費用

最後に、当センターの費用をご案内します。

発生する費用は成功報酬と解決報酬金のみと、なっております。
・示談交渉で解決の場合は15%の成功報酬(裁判では20%)
・1社につき3万円の解決報酬金

過払い金の相談・診断・調査・計算は全て無料です。費用は過払い金が戻ってきた場合に、そこから精算しますので、依頼時や手続き中に、費用のお支払は一切ありません。

料金のかからないもの

以下の費用は発生しません。全て無料サービスとなっております。

ご相談 0円
過払い金の診断 0円
過払い金の調査 0円
過払い金の計算 0円
着手金(初期費用) 0円

有料になるもの

過払い金が実際に戻ってきた場合には、以下の費用が発生致します。

成功報酬 戻ってきた過払い金の15%
解決報酬金 戻ってきた1社につき3万円

※裁判を行った場合には、15%の成功報酬に5%を加算した20%になります(事案による)

※140万円を超える過払い金が発生した場合には、弁護士にて請求を行います。当センターの提携弁護士では、上記の費用と同額で請求を行うことが可能です。

本サイトの執筆者

司法書士・行政書士
山口 広樹

横浜市出身。司法書士・行政書士15年目。かながわ総合法務事務所の代表。過払い金や債務整理を専門分野とし、5000名以上の事案を解決。

・司法書士(神奈川県会2376号)
司法書士会の会員ページへ

・行政書士(神奈川県会4407号)
行政書士会の会員検索ページへ

お問合せはこちらから

タップすると電話がかけられます

0120-631-625

(平日)9時〜20時 (土曜)10時~16時

  • お電話ですぐに対応可能
  • 過払い金の診断・調査は無料
  • 電話・メール共に問合せ無料
  • 全国対応!お気軽にどうぞ!
  • ご家族に秘密の方もお任せを!

過払い金を確かめよう!

過払い金の3分診断
過払い金の無料診断

「過払い金ある?ない?」
「いくら過払い金がある?」
をその場ですぐに診断します!

0120-631-625

運営事務所概要

  • 司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27
    東武立野ビル1F
    (横浜駅より徒歩8分)
  • TEL:045-328-1280

サイドメニュー