「過払い金の請求…まだ行っていませんか?」過払い金無料相談センターにお任せ下さい!

過払い金の相談・計算・調査全て無料。リスクのない過払い金請求を提案!

過払い金無料相談センター《東京・横浜》

【横浜相談センター】
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)

【東京相談センター】
東京都渋谷区神南1-15-3 神南プラザビル504号
(渋谷駅ハチ公口より徒歩8分。宇田川町信号の前)

受付時間:平日9時~21時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で無料相談!

無料相談実績1万名以上

過払い金の無料相談はこちらから

0120-631-625

過払い金の無料診断

シンキ(ノーローン)の過払い金対応(2018年版)
ー過払い金の目安や戻ってくるまでの期間は?

新生フィナンシャルの完全子会社であるシンキ。
シンキは、「ノーローン」のシンキで有名であり、初回の1週間が無利息というのが宣伝文句です。

会社名の「シンキ」は、「信用を起こす」が由来で、1984年までの商号は「信起商事株式会社」でした。
2006年10月には、株式会社アルコを吸収合併しており、アルコ時代に発生した過払い金については支払いを否定してきます。

新生グループのため、レイクとは兄弟といっても良いですが、レイクと異なりシンキの過払い金への対応はお世辞にも良いとは言えません。

年々その対応は悪質化している傾向にあり、勝てる見込みのない控訴の申立て(2回目の裁判)を担保提供までして行ってきます。担保提供の金額で過払い金が払えるのでは?というケースもあり、だらだらと時間稼ぎをしているとしか思えないような行為が目立つ会社です。

シンキから過払い金が戻ってくる基準

シンキの過払い金の返還基準をご説明します。

愛社精神の強いシンキは、過払い金の減額を全力で行ってきます。交渉でも妥協を許さない会社なので、裁判になることも多い会社です。

特に、分断(一度支払いが終わってからしばらく使っていない状態)の場合には、執拗に金額を下げてきます。また、裁判を行った場合でも、訴外和解(裁判外での話し合い)になるケースは少なく、結審(裁判官に白黒を尋ねる)になります。

結審後も、控訴(上の審級で更に裁判を求めること)をしてくるケースがほとんどです。

裁判でも書面で徹底的に応戦してきますが、それほど大した主張はないので、時間さえかかりますが解決には至ります。


当センターでの和解基準 ※事案によって変動はあります※
 

 スピード返還を重視返還される金額を重視

過払い金の発生額に対して返還される割合

(例:120万円の発生で60%は72万円)

50~60%100%

過払い金請求から返還されるまでの期間

(過払い金を算定してからいつ戻るか)

2~4ヶ月8~10ヶ月

 

シンキの過払い請求の注意点

現在では(平成26年7月現在)、交渉により過払い金の返還を求めても社の方針ということで、5~6割での回答しかありません。

裁判を行うと、こちらの主張にあの手この手と反論を行いますが、根拠のない主張も多々あり裁判を長期化する意図が垣間見えます。

また、訴訟継続中の和解提案もないため、結審までもつれ込むようなスタイルです。判決後も控訴してくるケースが圧倒的に多いため、消費者金融の中でもアイフルと同じくらい時間のかかる会社と言えます。

シンキの過払い請求の事例紹介

裁判を行わないで解決した場合の事例

過払い金の発生額: 78万5691円

シンキ側の提示金額:  30万円(発生額の40%程度)

交渉による確定金額:  45万円(発生額の60%程度)

Oさん(横浜市保土ケ谷区在住・38歳)は、20歳頃に遊ぶためのお金としてシンキのカードを利用し始めたとのことでした。限度額は10万円からスタートし、すぐに50万円までアップ。最終的には100万円までアップしましたが70万円までしか使わなかったようです。

利息ばかりに支払いがあたって元金が減らず、バカらしくなったOさんは30歳を機にもうカードを使わないようにしようと思い、32歳で全て完済しました。

「流行ってるし自分もやってみたいな…ぐらいの気持ちで、妻には内緒なので一番簡単に終わる方法で」という希望だったので、過払い金78万5691円の約60%の45万円、そしてこれを2ヶ月後には返還という結果で、シンキと和解をしました。

裁判を行って解決した場合の事例

過払い金の発生額:109万9001円

過払い金の利息額:44万9812円

シンキ側の提示金額:15万円(発生額の15%程度)

裁判による確定金額:150万円

Tさん(山形県山形市在住・53歳)は、自営業を始めた30歳前半ぐらいから、自営の運転資金としてシンキやアコム・プロミス・レイクなどの消費者金融で借入れを行っていたとのことでした。

自営が軌道にのっても、便利だったのでしばらくカードは使っていましたが、平成22年の貸金業法改正で「年収の1/3以上の借入れ不可」「収入証明書が必要」といったのを機に、完済して使うのをやめようと思ったそうです。

「大変な時期は本当に大変だったから…。その頃のものが少しでも多く戻ってくるならそのほうがいい。自営も好調なわけではないし…。」というTさんの希望があったので、少し時間が長引いても裁判にすることにしました。

シンキからは、独自の主張で「過払い金は30万円しか発生していないのでその半分の15万円をお返しします」という提案。(過払い金を下げるためにこのような主張を行ってくるケースは意外とあります)

裁判をすると、利息分も含めると最大150万円ほど、示談では15万円と10倍の差がありましたが、シンキの主張には根拠が薄いため勝算は十分にありました。

裁判を行い5ヶ月ほどで第一審の裁判が終了し、こちらの勝訴。シンキは控訴(地方裁判所)を行いましたが、控訴期日前にシンキから「できれば和解をしたい。」という連絡がありました。Tさんは向こうも歩み寄ってくれるなら「数万円はカットして150万円でいい」という回答だったので、150万円を2ヶ月後に返還してもらうという内容で和解に至りました。

その他の過払い金についてのページ

CFJ(ディック・アイク)

CFJ合同会社の過払い金について説明しております。

アコム

アコムの過払い金について説明しております。

アイフル

アイフルの過払い金について説明しております。

過払い金の無料相談はこちらから

過払い金の相談を受ける司法書士

お電話でのお問合せはフリーダイヤルから

0120-631-625

[平日]受付時間:9:00~21:00
[土曜]受付時間:10:00~16:00
[定休日]日曜・祝祭日

ご相談は無料です。まずはお気軽にお問合せ下さい

面談相談をご希望の方はご予約頂き、下記までご来社下さい

★横浜相談センター(橫浜駅より徒歩8分)
 →アクセスマップはこちら

★東京相談センター(渋谷駅より徒歩8分)
 →アクセスマップはこちら

過払い金を確かめよう!!

過払い金の3分診断

過払い金の3分診断
〝過払い金のある?なし?〟
〝どれぐらい過払金がある?〟
をその場ですぐに診断します!

無料相談フリーダイヤル

0120-631-625

横浜店へのアクセス

東京店へのアクセス

サイドメニュー

運営事務所概要

司法書士法人・行政書士
かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27東武立野ビル1F
    TEL:045-328-1280
  • 渋谷区神南1-15-3
    神南プラザビル504号
    TEL:03-6455-3042

横浜店:045-328-1280
東京店:03-6455-2925