リスクのない過払い金請求をご提供します!

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)
運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所

受付時間:平日9時~20時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で過払い金の調査
無料相談の実績は1万名以上
過払い金の無料相談はこちらから
0120-631-625

過払い金請求の住宅ローンへの影響は?

返済中のローンには影響なし!

「返済中の住宅ローンに過払い金の影響は出ない?」
「将来家を買うときに住宅ローンは組める?」

などの心配を抱えている人も多いかもしれません。

まず、過払い金を請求するカード会社と住宅ローンの会社が一緒でない限りは、過払い金を請求しても返済中の住宅ローンには100%影響はでないので安心して下さい。

そして、これから住宅ローンの融資を考えている場合には、ブラックリストに注意しましょう。

ブラックリストになると、今後5年~7年は住宅ローンの審査に通らなくなってしまいます。

過払い金請求を行ってブラックリストになる場合とは、以下のような場合です。

・返済中の段階で過払い金請求を行って、「過払い金<支払い残」となる場合

こうした過払い金と住宅ローンの関係について、このページでは解説していきます。

返済中の住宅ローンに影響を及ぼす?

過払い金請求の住宅ローンへの影響

過払い金請求をしても、今ある住宅ローンにはなにも影響はありません。

これは、過払い金の対象となるカードを返済中の方でも、完済している方でも結論は一緒です。つまり、〝過払い金請求をしても住宅ローンに影響はない〟ということになります。

「過払い金請求したら住宅ローンが一括返済にならない?」
という心配を抱える方もいますが、100%そのようなことはないので大丈夫です。

それでも「住宅ローンの支払いに本当に影響がないか心配」という方もいるでしょうからもう少し詳しく説明していきますと、住宅ローンの支払いに影響が出るときとは、〝住宅ローンの支払いに債務整理を行った場合のみ〟です。

要は、住宅ローンの支払いにメスをいれると、住宅ローンに影響が出てしまい、今まで通りの返済ができなくなるわけです。

住宅ローンに過払い金請求をするわけではなく、あくまで利用してたカードに過払い金を請求するので影響はないというわけです。

ただし、例えばオリコやセゾンなど一部のクレジット会社では、住宅ローンの融資も行っています。こうした会社に過払い金を請求する時は、住宅ローンの返済と過払い金請求を分離する旨を伝えなければ万一のことが起こるかもしれないので注意しましょう。

当センターの依頼人でも、住宅ローンの返済を行いながら過払い金請求を行っている実例は多数ありますので、ご安心下さい。

今後の住宅ローンの審査に過払い金請求の影響は?

完済している場合は審査に影響なし
過払い金請求と将来の住宅ローンの関係

完済している状態で過払い金の請求を行った場合には、将来の住宅ローンの審査に影響はありません

住宅ローンの審査に影響があるかないかは、「信用情報への事故登録」いわゆるブラックリストによるところが多いですが(ブラックリストについて詳しくはこちら)、平成22年以降は完済した人が過払い金請求を行った場合でも、信用情報にはなにも記載されなくなりました。

そのため、完済で過払い金請求を行った場合には、そもそも銀行の融資担当者にその事実が分からないので、住宅ローンの審査になにも影響はないというわけです。

過払い金>支払い残は数か月の我慢

現在も支払い中のカードの過払い金を請求していく場合には、過払い金の金額と、現在残っている支払い残がどのくらいあるかによって結論が変わっていきます

〝過払い金>支払い残〟の場合→数ヶ月程度は住宅ローンを組めなくなります。

いわゆる、過払い金のほうが支払い残より多い場合で。例えば過払い金が100万円で支払い残が70万円の場合には、過払い金のほうが30万円多い計算になります。

このような場合、手続きを進めていって最終的に70万円の支払い残がなくなって30万円の過払い金が戻ってくるまでの数ヶ月間は、住宅ローンの審査は通りませんがそれ以降は住宅ローンの審査に問題はありません。

今すぐは住宅ローンを組めなくはなりますが、70万円の借金が清算されているので、数ヶ月後には今より住宅ローンの審査は通りやすくなっているというメリットも出てきます。

支払い残>過払い金は5年~7年は住宅ローンの審査に通らない

一方で、過払い金が支払い残よりも少ない場合で、支払い残を過払い金では清算できないような場合を指します。例えば、過払い金が50万円で支払い残が100万円ある場合には、過払い金で支払い残を50万円まで減らせても、なお支払うものが50万円残っている計算になります。

 このような場合には、少なくとも5年~7年住宅ローンの審査はおりないでしょう。

こうした場合には、ブラックリストと言って融資などの際にチェックされる信用情報というものに、事故記録がついてしまうためです。

  今ある住宅ローンへの影響 将来の住宅ローンへの影響
返済中で過払い金請求 影響なし
 
影響有り
 

完済して過払い金請求

影響なし
 

影響なし

そもそも住宅ローンの審査は厳しい…

ブラックリスト以外も審査基準が厳しい
過払い金を請求していない場合でも住宅ローンの審査に通らない場合もある

そもそも住宅ローンには、金融機関それぞれの独自の審査がありますので、過払い金を請求していようが請求していまいが、審査が通らないことはよくあります。

例えば、平均年収(400万円~600万円)で一般的な不動産(2000万円~4000万円)を購入する場合に、みずほ・りそな・新生・三菱東京UFJ・三井住友と5銀行に住宅ローン融資の申込みを行って、全ての銀行で融資審査がおりるということは、めったにありません。(逆に、カードなどのローンが無借金で年収1000万円以上・安定的な職種などについていれば、どの銀行もお客さんにしたいと思うので、全ての銀行の融資はとおるでしょう。)

住宅ローンは、購入不動産の価格や融資申込者の年収、職種(将来性のある職種がそうでないかなど。公務員は強いです)、年齢、各銀行の独自の審査基準)など様々な要素によって決定され、融資される金額も1000万円単位になるため、そもそも審査は厳しいというわけです。

カードローンの審査などよりも、はるかに住宅ローンの審査は厳しいのです。

「過払い金を請求したから住宅ローンが組めなかった」と思う人も中にはいるようですが、それは過払い金のせいではなく、そもそも銀行の審査基準に届いていないというケースもあります。

同じグループ内での融資申込みは避けたほうが無難なケースも…

住宅ローンの審査にはブラックリスト以外にも大事な要素があることは分かって頂けたと思いますが、過払い金請求を行った会社と同グループ内の住宅ローンの申込は、審査が通りにくいかもしれないということは覚えておいたほうが良いでしょう。

例えば、アコムに過払い金請求を行ったとします。
アコムは三菱UFJグループですので、三菱UFJ銀行に住宅ローンを申込むよりは、他の銀行に融資を申し込んだほうが良いかもしれないということです。

もっとも、この点は判断が難しいところもあります。
なぜなら、過払い金を請求する前のアコムの返済がとても優良に行われていて、多くのお金を借りてもちゃんと返したという場合、その実績は、融資の上でプラス評価になるためです。

お金をちゃんと返したという実績がある人とない人では、お金を貸す側としては実績のある人に貸したほうが安全と評価するのは、当然と言えば当然でしょう。

従って、過払い金請求する前のそれぞれの返済の仕方によって、メリットになるときもあればデメリットに働く場合もあるというのが一番正しい回答になるかもしれません。

住宅ローンから過払い金は発生しない(番外編)

「住宅ローンから過払い金は発生しない…?」

住宅ローンからは100%過払い金は発生しません。

例えば、3000万円を金利3%で住宅ローンの融資を受けた場合、3000万円×3%=年間90万円もの利息は発生しています。

しかし、住宅ローンで多くの利息を支払うのは、そもそも借りている金額が高いからであって、金利自体はカードのキャッシングと比べると非常に安いためです。

過払い金が発生するのはキャッシングのみ!

過払い金が発生するのは、消費者金融やクレジットカード会社でキャッシングを利用していた場合で、その金利が利息制限法で上限とされている金利を逸脱している場合です。

(利息制限法の上限として定められている金利)

・10万円未満のキャッシング(20%まで)
・10万円以上100万円未満のキャッシング(18%まで)
・100万円以上のキャッシング(15%まで)

この金利以上の利息を返済していた場合に、過払い金が発生していることになります。

利息制限法を超える金利が各カード会社として設定されていた時期には目安があります。
2007年(平成19年)前後に、利息制限法内におさまるように各カード会社が金利を変更していたため、これより以前からキャッシングを利用していた場合には、過払い金発生の可能性がぐっと高まるというわけです。

なお、先ほどから記載している通り、過払い金は「キャッシング利用」からのみ発生します。

・銀行のカードローン
・ショッピング手数料
・車のローン
・住宅ローン

は過払い金の対象外となると覚えておきましょう。

本サイトの執筆者

山口 広樹

横浜市出身。司法書士・行政書士14年目。
かながわ総合法務事務所の代表。
過払い金や債務整理を専門分野として、5000名以上の事案を解決。

・司法書士(神奈川県会2376号)
司法書士会の会員ページへ

・行政書士(神奈川県会4407号)
行政書士会の会員検索ページへ

ご相談・依頼はこちら

無料相談専用のフリーダイヤル

0120-631-625

(平日)9時〜20時(土日)10時~16時
※日曜日は相談予約の受付のみ

  • すぐに電話で対応可能です!
  • 電話・メール共に問合せ無料!
  • 全国対応!お気軽にどうぞ!
  • ご家族に秘密の方もお任せを!

過払い金を確かめよう!

過払い金の3分診断
過払い金の無料診断

「過払い金ある?ない?」
「いくら過払い金がある?」
をその場ですぐに診断します!

0120-631-625

サイドメニュー

運営事務所概要

  • 司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27
    東武立野ビル1F
    (横浜駅より徒歩8分)
  • TEL:045-328-1280