リスクのない過払い金請求をご提供します!

神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩8分。相鉄本社ビル目の前)
運営:司法書士法人かながわ総合法務事務所

受付時間:平日9時~20時(土曜は10時~16時、日曜を除く)

全国対応で過払い金の調査
無料相談の実績は1万名以上
過払い金の無料相談はこちらから
0120-631-625

(ニコス)過払い金の返還事例

示談と裁判それぞれの解決事例をご紹介!

「ニコスから過払い金はどのくらい戻る?」
「裁判をするとニコスの過払い金は増えるの?」

平成19年(2007年)以前からニコスのキャッシングを利用している場合には、過払い金が発生している可能性があります。

ニコスに過払い金を請求する方法には、裁判と示談(裁判をしない)の2通りがあります。

当センターで、ニコスに過払い金請求をした事例を記載しておりますので、ご参考になさってみてください。

示談でニコスから過払い金が戻ってきた事例

ニコスから、示談(裁判なし)で過払い金が戻ってきた事例をご紹介致します。

ニコスと示談で和解した場合の特徴は、
・金額は70%~90%の返還
・返還期間は2ヶ月~4ヶ月

といったイメージです。

40万円の3か月後返還

Hさん(群馬県桐生市・女性)

1999年~2012年の間で、ニコスカードを13年ほど利用。

いずれのカードも、限度額30万円~50万円。

過払い金の返還内容

48万円の過払い金が発生し、ニコスと示談交渉の結果、40万円で和解に至りました。

買物残0+123万円の返還

Mさん(神奈川県川崎市・女性)

1995年~2012年の間でニコスのカードを17年間利用。

キャッシング限度額50万円~100万円ほどで利用し、キャッシングは2007年に完済。
ショッピングの支払残高64万0090円あり。

201万9826円の過払い金が発生していたため、ショッピングの支払残64万0090円と相殺。

残額137万9763円の過払い金の請求へ。

137万円の過払い金の内、123万円を3ヶ月後に返還。

Yさんに上記の示談内容を確認したところ、「お買物の支払いもなくなって、そちら様(当センター)の手数料も支払えるならそれでOKです」という回答でしたので、〝支払いは全て0になった上で123万円の過払い金を返還する〟という内容で、ニコスと示談しました。

80万円の3か月後返還

Gさん(東京都江戸川区・男性) 

2000年~2010年の間でNICOSカードを10年ほど利用。

いずれのカードも当初限度額30万円から最終的には限度額100万円。
89万9099円の過払い金の発生。

89万円の過払い金の内、80万円を3ヶ月後に返還。

和解前にGさんに確認。「きりがいいところでなるべく多く戻ってくればOK!」という回答でだったので、80万円で和解を進めました。

68万円を2か月後返還

Kさん(大阪府東大阪市・男性)

1998年~2016年の間でニコスカードを18年ほど利用。

キャッシング限度額は最大50万円・2016年時に一括返済。

75万0590円の過払い金の発生。

75万円の過払い金の内、68万円を2ヶ月後に返還。

Hさんとの過払い金の方針調整では、「それなりに戻ってくればよいのでニコスのいう67万5000円でOKです」という回答だったため、68万円で和解を進めました。

裁判でニコスに過払い金請求した事例

ニコスに裁判を行い、過払い金が戻ってきた事例をご紹介致します。

ニコスに裁判を行った場合の特徴は、
・過払い金全額+利息の返還が見込める
・示談よりは、数か月期間が必要になる
ということが挙げられます。

裁判の場合には、100%+利息の過払い金が、半年~8ヶ月ほどで戻ってくる目安です。

裁判費用が発生するため、それを賄えるほどの価値がある場合に裁判をするといったイメージです。

裁判で過払い金115万円返還!

Mさん(山梨県甲府市・男性)

1995年から2014年までニコスカードを19年間利用。
キャッシング限度額10万円から始まり最終限度額は50万円になり、2014年に一括返済。

過払い金82万9081円に加え、過払い利息が35万円ほど発生。

Mさんは「子供の学費とかにもお金がかかっているので多くもらえた方がありがたい」という希望だったので、裁判へ。

「示談をした時より裁判のほうが戻ってくる過払い金は確実に増えるか」 
⇒示談の時は過払い利息を請求できないが、裁判では請求できるので利息分で裁判費用も間に合うし確実に増える。

「自宅に裁判所から書類が届いたりするのか」
⇒司法書士が代理人となっているので、裁判所からの書類はOさんの家には届かない。

「できれば半年後にはお金が必要なのだが間に合うだろうか」
⇒通常、争点がなければ、ニコスの裁判は2、3ヶ月ほどで終了し、その後3ヶ月以内には入金があるものなので、ギリギリだが間に合うだろう。 

「裁判にかかる実費代などは先に手出しで用意する必要があるのか」
⇒裁判での報酬・実費代共に戻ってきた過払い金で清算すればよいので大丈夫。

Mさんの不安が解消されたところで裁判へと進みました。

訴状を提出し、裁判がスタート。
1回目の期日が終了し、2回目の期日となる1週間前に、ニコスから「100万円で和解して欲しい」という申し出がありました。

過払い利息を全額加算すると117万円ほどの金額にはなるため、
「早期解決ということでもMさんは115万円は希望している」と回答。
交渉の結果、115万円の過払い金を2ヶ月後に返す旨の訴外和解が成立しました。

当センターの費用(裁判費用を含む)を控除して、76万8109円をMさんにご返金することができました。

裁判で過払い金300万円返還!

Tさん(神奈川県横浜市・女性)

1993年から2016年までニコスカードとマイベストカードを23年間利用。
キャッシング限度額50万円から始まり最終限度額は100万円。
過払い金289万8542円に加え、過払い利息が60万円ほど発生。

Tさんは「多いほうが有り難いので裁判にして下さい」という希望だったので、裁判へ。

当センターで連携を行っている弁護士事務所をご紹介し、訴訟提起へ。
(※過払い金が140万円を超える場合は弁護士事務所にて裁判を行っていきます)

《Tさんとニコスとの裁判内容》

「過払い金の裁判をすると自分も裁判所に行かなければいけないか?」 
⇒弁護士が代理人となり、裁判を行うのでTさんは行く必要はない。

「裁判をして過払い金が戻ってこなかった場合、裁判費用だけを払うようにならないか」
⇒それは100%ならない。裁判をするのは、示談よりどれだけ過払い金が増えるかということ。もしそうなるのであれば、そのリスクをちゃんとお話ししているので、今回はそのリスクもない。

「ニコスに過払い金の裁判をすると同じグループの三菱東京UFJの口座が使えなくならないか?」
⇒影響なし。過払い金の裁判をして銀行口座が使えなくなるということはありえない。


Tさんは、上記の問題をクリアにした上で、裁判で過払い金の請求を行って行くことを選択されたため、弁護士事務所をご紹介。

そちらで訴訟手続きを行っていくことになりました。

訴状を提出し、最初の裁判の期日の1週間前に、ニコスから「300万円で和解して欲しい」という申し出があったようです。弁護士事務所とニコスが交渉した結果、最終的には340万円で和解となったとのことでした。

弁護士事務所の費用(裁判費用含む)を控除して、253万4920円がTさんのお手元にご返金されました。
(弁護士事務所で裁判を行って行く場合には当センターの成功報酬は発生しません)

最終更新日:2021年12月1日

本サイトの執筆者

山口 広樹

横浜市出身。司法書士・行政書士14年目。
かながわ総合法務事務所の代表。
過払い金や債務整理を専門分野として、5000名以上の事案を解決。

・司法書士(神奈川県会2376号)
司法書士会の会員ページへ

・行政書士(神奈川県会4407号)
行政書士会の会員検索ページへ

ご相談・依頼はこちら

無料相談専用のフリーダイヤル

0120-631-625

(平日)9時〜20時(土日)10時~16時
※日曜日は相談予約の受付のみ

  • すぐに電話で対応可能です!
  • 電話・メール共に問合せ無料!
  • 全国対応!お気軽にどうぞ!
  • ご家族に秘密の方もお任せを!

過払い金を確かめよう!

過払い金の3分診断
過払い金の無料診断

「過払い金ある?ない?」
「いくら過払い金がある?」
をその場ですぐに診断します!

0120-631-625

サイドメニュー

運営事務所概要

  • 司法書士法人・行政書士かながわ総合法務事務所
  • 横浜市西区北幸2‐10‐27
    東武立野ビル1F
    (横浜駅より徒歩8分)
  • TEL:045-328-1280